NEW

小室圭さん“皇室利用”留学、ついに秋篠宮さま天皇即位拒否&愛子天皇待望論に発展

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 4月30日の天皇陛下の退位、そして5月1日の皇太子さまの新天皇即位が、いよいよ目前に迫りつつある。その後、秋篠宮家は「皇嗣家」として新天皇皇后両陛下を支える存在となられる。

 新天皇即位後は、秋篠宮さまが皇位継承順位第1位、長男・悠仁さまが同第2位になられるが、4月21日付朝日新聞は1面で秋篠宮さまが「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」と発言なされたと報道。さらに同紙によれば、「天皇になることを強く意識している」という皇室研究者の見方について、秋篠宮さまが「そんなこと思ったことがない」と打ち消されたという。

 皇太子さまと秋篠宮さまは5歳違いだが、この報道は大きな波紋を呼び、さまざまな観測が広まっている。ひとつはご発言どおりの「天皇即位拒否宣言」と受け取る見方と、もうひとつは「新天皇が早く退位され、自身が天皇に即位したい」というお気持ちの表れだと受け取る見方だ。

 たとえば、「女性セブン」(小学館/5月9日・16日合併号)と「週刊文春」(文藝春秋/5月2日・9日合併号)は、秋篠宮さまによる即位拒否だと報じる一方、「週刊新潮」(新潮社/5月2日・9日合併号)は、「早く天皇をやりたい」というご意思の表れだと報じている。ちなみに「新潮」によれば、秋篠宮さまは「継ぐことになるからには、できるだけ早くやりたい」「自分は短くてもいい。そのあとは早く悠仁に継がせたい」という趣旨の話をされておられるという。

 現在、天皇の孫世代の男子は秋篠宮さまの長男・悠仁さましかおらず、現行の皇室典範では、男子しか皇位を継ぐことはできない。もし悠仁さまに将来、男子が生まれなければ、皇位は断絶することになり、その意味でも秋篠宮家が背負われる責任は今後より重いものとなる。そんな秋篠宮家を1年以上にわたり揺るがせ続けているのが、長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題である。小室家の借金問題に端を発する婚約延期は、一向に解決のメドがたたず、それによる秋篠宮家内部の断絶なども取り沙汰され世間の注目を浴びるなか、皇太子さまの長女・愛子さまを将来天皇に据える「愛子天皇待望論」まで飛び出す事態となっている。

 こうした動きと歩調を合わせるかのように、菅義偉官房長官は18日の参院予算委員会で、女性宮家の創設を含めた安定的な皇位継承に関する議論について「(新天皇が)即位された後、そんなに時間を待たないで(行う)と考えている」と述べている。

小室圭さん“皇室利用”留学、ついに秋篠宮さま天皇即位拒否&愛子天皇待望論に発展のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事