NEW
平成エンタメ大失敗案件【1】~映画編~

橋本環奈、吉岡里帆だけじゃない…平成の連ドラ女王主演・空前の“大爆死映画”を見よ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
橋本環奈主演の『セーラー服と機関銃−卒業−』(発売:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

 平成は、失敗に対し厳しい時代だった。特にインターネット上では、失敗は何よりの話題のタネであった。かつてはBBSで、その後はSNSで、何か失敗をした人は徹底的に責められ続けた。また、エンターテインメントの世界でビジネス的に大失敗したコンテンツ、大きくコケた企画は、笑われ、けなされ、バカにされた。

 現在、メディアには平成をプレイバックする企画が溢れているが、失敗に厳しくなった時代の最後に、ここでは、各ジャンルの「大失敗案件」を、数回に分けてクローズアップしてみたい。今回はその第1回、映画編である。

橋本環奈、E-girls、西内まりや、吉岡里帆の出演作は、興収ベスト10入りならず

 全国の大型映画館がほぼシネコン化してから、国内での映画作品の公開本数は激増しているという。つまりは、“数撃ちゃ当たる”の興行体制になっているのだ。当然、爆発的に当たる作品もある。一方で、大きくコケて人知れず上映が終了する作品もあり、それらにはテレビの人気者やブレイク中のアイドルの出演作も少なくない。たとえば、“百年に一人の逸材”と呼ばれた橋本環奈に大看板を背負わせた『セーラー服と機関銃−卒業−』(2016年/KADOKAWA)は、典型的な例。全国238館で公開されたが、興行収入は1億円に満たなかったとされる。

ただし、『セーラー服~』は興収が公表されている。一方で、監督や出演者のイメージダウンを避けるためか、動員数、興収に関する情報をシャットアウトしている作品もある。ただ、『セーラー服~』もそうなのだが、公開1週目に週末興行成績ランキング(興行通信社が発表するもので、これは隠蔽できない)の10位以内に入らなかったり、上映期間が極端に短かったり、SNSで「劇場がガラガラだった」という情報が流れたりすることによって、桁違いに不入りの作品はなんとなくバレてしまう。

 2010年代の作品でいえば、E-girlsの石井杏奈がダンス部の高校生を演じた『ガールズ・ステップ』(2015年/東映)、西内まりや主演の『CUTIE HONEY -TEARS-』(2016年/東映)、阿部サダヲ、吉岡里帆の『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年/アスミック・エース)、ラストアイドルのメンバーが出演した『がっこうぐらし!』(2019年/REGENTS)など、挙げればキリがない。

橋本環奈、吉岡里帆だけじゃない…平成の連ドラ女王主演・空前の“大爆死映画”を見よのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事