NEW
平成エンタメ大失敗案件【3】~イベント編~

小室哲哉が東京ドーム“ガラガラ公演”を回避した仰天理由…平成の大爆死イベントを総括

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 平成は、失敗に対し厳しい時代だった。特にインターネット上では、失敗は何よりの話題のタネであった。かつてはBBSで、その後はSNSで、何か失敗をした人は徹底的に責められ続けた。また、エンターテインメントの世界でビジネス的に大失敗したコンテンツ、大きくコケた企画は、笑われ、けなされ、バカにされた。

 現在、メディアには平成をプレイバックする企画が溢れているが、失敗に厳しくなった時代の最後に、ここでは、各ジャンルの「大失敗案件」を、数回に分けてクローズアップしてみたい。今回は第3回、イベント編である。

 イベントについては、もともとの規模に大小の差が限りなくあるので、失敗の度合いの数値化、ランク付けがしづらい。そこで、各ジャンルで語り草になっているものをいくつか挙げてみよう。

【第1回「映画編」はこちら
【第2回「テレビドラマ編」はこちら

格闘技ブームに水を指したドタバタ、ズンドコ興行

 20世紀初頭の格闘技ブームを牽引していたのが、立ち技格闘技主体のK-1と、総合格闘技のPRIDEという2つのブランドである。この両者はもともと提携関係にあったが、その関係は長くは続かず2003年には決裂。それまで協力のもとに開催していた大晦日の興行を別々に行うことになった。K-1陣営はナゴヤドームで、曙vsボブ・サップをメインとした「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」を、PRIDE陣営は、桜庭和志ら日本人選手を柱としたさいたまスーパーアリーナでの「PRIDE SPECIAL 男祭り 2003」を開催。前者をTBSが、後者をフジテレビが中継した。

 しかし実はもうひとつ、大晦日の格闘技中継に興味を示したテレビ局があった。日本テレビである。同局は、「ケイ・コンフィデンス」という会社と手を組み、神戸ウイングスタジアムにてアントニオ猪木をアイコンとする『INOKI BOM-BA-YE 2003 馬鹿になれ夢を持て』という興行を主催する。

 つまり2003年の大晦日の夜は、地上波民放3局が格闘技を中継したのである。そうなると当然、3番組の視聴率が比較される。結果、数字的に上から3番目だったのが、『INOKI BOM-BA-YE~』だった。

 その舞台裏はドタバタだったようで、発表された目玉選手の出場は続々キャンセルに。それでも、かなり強引なかたちでエメリヤーエンコ・ヒョードルらトップ選手の頭数を揃えることには成功している。ところが、TBSが瞬間視聴率43.0%と史上初めてNHK『紅白歌合戦』の視聴率を上回ったのに対し、こちらは平均5.1%と低迷。観客動員も大苦戦し、タダ券が大量にバラまかれ、それでも客席は埋まらなかった。

 また、会場の舞台装置も、3つのうちもっともショボかった。日テレは、「ケイ・コンフィデンス」と3年契約を結んだとされるが、以後、大晦日に格闘技を中継することはなかった。

 なお、このイベントは運営そのものが終始ボロボロだったことでも一部に知られている。たとえば、スタッフが誰もゴングを用意しておらず、当日になって、イベントとは無関係な大阪在住の格闘家が所有していたものを持ってきてもらった……という逸話もある。

小室哲哉が東京ドーム“ガラガラ公演”を回避した仰天理由…平成の大爆死イベントを総括のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事