NEW
小林敦志「自動車大激変!」

日産「ノート」年間販売台数1位の“裏事情”…日産は日本市場を軽視しているのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018事業年度締め年間販売台数で、軽自動車と登録車を合わせた、つまり日本で一番売れたクルマはホンダ「N-BOX」(23万9706台)となった。一方で、登録車のみでの18事業年度締め年間販売台数第1位は、日産自動車ノート」(13万1760台)となった。さらに、日産は「セレナ」がミニバンカテゴリーで販売ナンバー1(10万17台)となっている。

 日産は軽自動車の「デイズ」シリーズも販売好調で、18事業年度締め軽自動車年間販売台数では第4位となっている。ここまで見れば、日産車の国内販売は好調にも見えるのだが、18事業年度締めでの軽自動車も含めた日産全体の販売台数は58万4536台なのに対し、ノート、セレナ、デイズシリーズを合わせた18事業年度締め年間販売台数は37万1830台となり、ノート、セレナ、デイズシリーズの販売台数が占める割合は約63%となっている。

 日産のウェブページにある車両ラインナップを基に車名ベースで数えると22車ほどが日本国内でラインナップされているのに、ノート、セレナ、デイズシリーズだけで日産全体の販売台数の6割強を占めるというのは、誰が見てもアンバランスといえるだろう。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)統計による登録車のみの18事業年度締め通称・名別(車名別)販売ランキングでは、上位20車中ランクインしている日産車はノートとセレナのみとなっている。日産の国内販売は販売車種の偏りだけでなく、「キューブ」や「フーガ」といった“ご長寿モデル”(モデルチェンジが長いこと行われないモデル)も目立っており、「日産は日本市場を軽視している」という声も少なくない。

 19年4月に開催された上海モーターショーにおいて、日産は次期型「シルフィ」のワールドプレミアを行った。Cセグメントセダンとなるシルフィは世界一の自動車市場の中国だけでなく、第2位の北米市場でも「セントラ」の車名でラインナップされ、中国・北米ともに売れ筋モデルとなっている。

上海ショーでデビューした新型「シルフィ」
北米市場での「シルフィ」改め現行「セントラ」

 もちろん日本国内でも現行モデルはラインナップされているが、中国や北米など海外マーケットではモデル途中で“Vモーショングリル”を採用するなど規模の大きい改良を行った一方で、日本国内のシルフィはいまだに大きな変更が行われていない。

日本市場での現行「シルフィ」

「ティアナ」も同様で、北米や中国市場では兄弟車関係となる次期「アルティマ」がデビューしている(中国市場ではティアナからアルティマになっている)のにもかかわらず、日本国内ではいまだに先代ティアナのままであるだけでなく、中国や北米市場で行った大規模な改良(Vモーショングリルの採用など)すら行われていないのである。

 筆者は年間を通じて中国やASEAN諸国、北米などへ出かけているのだが、世界市場での日産車のラインナップはバラエティに富んでいてバランスよく販売されており、明らかに販売が偏っている日本市場の様子は、単に日本市場自体が“ガラパゴス化”しているからだけではないように感じている。

 このような状況を見て、業界関係者のなかには「日産は日本市場ではミニバンや軽自動車など、売りやすいモデルさえ売れていればいいという認識なのではないか」といった見方をする人も多いし、筆者が以前に日産に近い関係者に直接聞いたところ、「日産社内でもそのような認識になっているようだ」という答えが返ってきた。

日産「ノート」年間販売台数1位の“裏事情”…日産は日本市場を軽視しているのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事