百均・キャンドゥ、大不評の買ってはいけない商品5選…逆に汚れる&面倒で本末転倒

「キャンドゥ HP」より

 手頃な価格で、毎日の便利グッズや生活品を揃えることができる100円ショップは、なにかと重宝する存在だ。なかでも「キャンドゥ」は、「ダイソー」や「セリア」といった業界大手のなかでは後進のスタートだったものの、今年3月末時点で1005店舗まで達しており、快進撃を続けている。

 キャンドゥの創業は、バブル崩壊後の1993年。翌年からフランチャイズ展開を始め、2013年の20周年イヤーには白とオレンジが映えるデザインにロゴをリニューアルし、シンプルかつモダンな印象を与えるようになった。

 奇をてらわない品揃えが支持を集めているほか、315円、525円と、価格によって取り扱い商品が異なる生活雑貨ショップも同時に展開中。キャラクターとのコラボ商品開発や、InstagramなどのSNSでの情報発信に積極的なのもキャンドゥの特徴だろう。

 しかし、そんなキャンドゥにも「これはイマイチでは?」と首をかしげてしまうような商品が紛れ込んでいるのもまた事実。今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では独断と偏見で、キャンドゥの「買ってはいけないプチプラグッズ5選」をチョイスした。春の新生活シーズンで思わず「失敗した!」と後悔しなくてすむよう、参考にしてほしい。

Laundry Hanger(20ピンチ)/108円(税込、以下同)

 身も心も気分を一新したくなるこの季節、溜まった洋服を洗濯してスッキリしたいが、洗濯物を干すときにいちいちハンガーを使うのは面倒……なんてこともあるだろう。そんなときに活躍するのが、洗濯物を一度にまとめて干せる折りたたみ式のランドリーハンガーだ。ほとんどの100円ショップで取り扱っているので、馴染みの人も多いはず。

 しかしキャンドゥの「Laundry Hanger(20ピンチ)」については、少々難ありだというユーザーの声も多い。というのもこのハンガー、プラスチックの耐久性が全体的に低く、特に枠の部分は、持ってみると簡単にクニャクニャ曲がってしまう印象を受ける。これでは、水分を吸った洗濯物をたくさん干したら、すぐに壊れてしまいそうだ。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS