NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」~“家庭内地面師”!?

姉に騙され両親の遺産を“全部持っていかれた”!「ウチの親族は揉めない」が悲劇を招く!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

 昨年、積水ハウスが“地面師(じめんし)”たちによる巨額の詐欺にあった事件で、7月17日に東京地裁で3人の被告全員に実刑が言い渡された。多くの人は“地面師”など自分には関係ないと思っているが、親が遺した不動産を対象に親族が詐欺を働く、“家庭内地面師”とでもいうべき乗っ取りに泣いている人もいる。複雑な親族関係がもたらした“家庭内地面師”のケースを紹介しよう。

 今回、紹介するのは土地売買価格600万円という物件がターゲットになった案件だ。

 X氏は複雑な家庭環境で育った。両親は共に再婚で、父親(以下、B男)は前妻との間に実子はいなかったが、前妻の連れ子であるYと養子縁組をしていた。X氏の母(以下、A子)は前の夫との間に、子供がひとり(以下Z)いたが、離婚の際に、前の夫がZを引き取った。A子の前の夫がほどなく再婚をして、Zはその再婚相手と生活している。

 A子は再婚相手のB男とは、15歳以上も歳が離れていた。B男の前妻は、新しい家庭を築いており、すでにYと没交渉になっていた。そのため、A子とB男がYの面倒を見ることになった。YはA子に反抗的な態度を取ることもあったが、A子は手放したZの姿をYに重ねてしまい、何も言えずにいた。

 YのA子への反抗は、X氏が生まれてから一層、ひどくなった。A子はYがジェラシーを感じないように、Yの前ではX氏に厳しく接していたつもりだが、YはX氏が実母と暮らしていること自体が許せなかったのかもしれない。B男もどこかで遠慮があったのか、そんな様子を見てもYを叱ることは一度もなかった。

 時が経過し、高齢になったB男が亡くなった。B男の遺産といえば、わずかばかりの貯金と自宅である約20坪の土地・建物だった。自宅はA子とB男の2分の1ずつの共有であり、その旨が登記されていた。

 X氏はYに「不動産のB男の共有持分をすべてA子に相続させよう」とYに持ち掛けたが、Yは強力に阻んだ。Yは、「A子に何かあったら、A子の実子であるZも相続人となる。しかもB男と私は、Zとまったくの赤の他人で会ったこともない。なぜB男の遺産である不動産の持分を将来的にZに渡さなければならないのか。絶対に納得がいかない」と猛反対をした。

 A子は離婚後、Zとは一切の連絡を取っていなかったが、我が子のことは忘れようとしても忘れられない。2人の話をそばで聞いていたA子は、Yの気持ちを考えると何も言えずにいた。

姉に騙され両親の遺産を“全部持っていかれた”!「ウチの親族は揉めない」が悲劇を招く!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事