NEW

名倉潤、手術からの早期復帰がアダか

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名倉潤(ワタナベエンターテインメントHPより)

 お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が、頸椎椎間板ヘルニア手術後の侵襲により、うつ病を発症したことからリハビリのため約2カ月間休養すると、所属するワタナベエンターテインメントから発表された。これまでの活躍から考えても、名倉はうつ病からは遠いイメージだけに、今回の発表はショッキングなニュースであった。50歳と働き盛りの名倉に何があったのだろう。

 名倉は2018年6月末に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、術後わずか10日間の休養で仕事復帰を果たした。一口に頚椎椎間板ヘルニアの手術といっても、頚部の皮膚を切開して行う方法や、内視鏡手術などがある。いずれの方法にしても、体にダメージを与えることは変わりなく、術後は十分な休養が必要といえるだろう。頸椎椎間板ヘルニアの手術は、術後に痛みやしびれが残ることも珍しくなく、名倉は早い復帰がアダになった可能性もある。

 多くの報道で、名倉のうつ病の原因は「頸椎椎間板ヘルニアの手術による侵襲」と表現されている。侵襲とは、わかりやすくいえば「身体に害を及ぼすこと」である。外科手術などによって体にメスを入れたり、麻酔などの薬剤を投与することは、体にとって大きなダメージとなり、神経・内分泌系に影響を与え、さらに免疫系にも影響を及ぼす。侵襲は術後に起きる体の防御反応ともいえる。また、侵襲により合併症などを引き起こすこともある。

 名倉のケースでは、手術自体は成功し合併症などはなかったと思われるが、手術により炎症反応が体内で起きたことで、自立神経のバランスを崩し、うつ病を発症した可能性もある。また、術後に多少の痛みや違和感が残っていたことも予想され、その場合、痛みを抱えての仕事復帰がストレスとなり、うつ病につながったといえる。

 うつ病は完治できるのか、との問いに対しては諸説あるが、筆者の医療現場での経験からは「うつ病は治療できる」といえる。うつ病の治療に不可欠なものは「うつ病であるという本人の自覚」である。本人の自覚がなくては、治療はもちろん、十分な休養も取れない。また、家族や周囲の人の理解と協力も不可欠である。

 名倉については、事務所が休養の発表とともに「病状の回復には家族と過ごすなど平穏な時間が不可欠ということで、休養期間中は本人、親族への直接の取材はなさらぬよう、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします」と呼びかけた通り、静かに見守ることが最良の応援といえるだろう。

(文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト)

吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
1969年12月25日福島県生まれ。1992年東北薬科大学卒業。薬物乱用防止の啓蒙活動、心の問題などにも取り組み、コラム執筆のほか、講演、セミナーなども行っている。

名倉潤、手術からの早期復帰がアダかのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事