NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックオーケストラの奏者、観客は知らない過酷な“肉体酷使”事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 フランスを代表する作曲家モーリス・ラヴェルの代表作『ボレロ』という作品をご存じでしょうか。1928年に初演されたバレエ音楽ですが、読者の皆様のなかには『愛と悲しみのボレロ』というフランス映画のタイトルを思い出される方もいらっしゃるかもしれません。実は、この名作映画のボレロです。現在では、バレエのために演奏されるよりも、オーケストラが単独で演奏することのほうがはるかに多いオーケストラコンサートの人気曲です。それほどまでに、とても魅力ある音楽なのです。

「ボレロなんて聴いたことがない」という方でも、おそらく、テレビやラジオを通じて、どこかで耳にしているはずです。16分もかかる長い音楽ですが、ほかにない特徴は、能天気で天真爛漫なメロディーと、ノスタルジックで奥に情熱を秘めているような2種類の短いメロディーのみでできていることです。ここでピンとくる方がいれば、かなりスペイン好きな方でしょう。そうです、この2つの要素はスペイン芸術独特の2面性です。実は、ボレロというのは、もともとはスペインの音楽なのです。たった2種類の短いメロディーを毎回違う楽器で演奏することによって、オーケストラ楽器の魅力のすべてを楽しませるというラヴェルの天才性が、今もなお専門家を驚嘆させているのです。

 この曲には、もうひとつの重要な要素があります。それは、スネアドラム、つまり小太鼓が6秒くらいの同じボレロのリズムを、最初から最後まで繰り返すことです。

 曲の始まりは、聞こえるか聞こえないかくらいの小さな音量で、ボレロのリズムを小太鼓が叩き始めます。次第にボリュームを増しながら16分叩き続け、最後にはオーケストラ全体に対抗するくらい大きな音量になります。

 ボレロのリズムは24個の音符からできており、最初から最後まで数えてみると、合計8210回叩くことになります。リハーサルや当日のホールリハーサルを含めれば3万回以上叩くわけで、もちろん精神的にも大変なわけですが、友人の打楽器奏者に聞いてみると、腕だけでなく体全体にも大きな負担を強いられるようです。特に、腰や背中に負担が大きいとのことです。少しでもそんな負担を減らそうと、座る椅子には細心の注意を払うのはもちろん、小太鼓を叩くバチも削ったり短くするなど打楽器奏者は工夫をしているそうですが、実は大きな音よりも曲の出だしの小さな音量で叩くことこそが大変なのです。

 すべての観客は、有名なボレロの小太鼓に耳を集中させているわけで、世界中のどんな奏者でも真っ青になる瞬間。たったひとつでも手が震えて音が出なかったり、うっかり強く叩いてしまったら、その後の16分間をいくら上手く叩けても、「失敗」となってしまいます。しかも、曲が長いだけに自然と体も硬直してくるそうで、そのために姿勢が悪くなってしまうと、首にも負担がかかるようです。

クラシックオーケストラの奏者、観客は知らない過酷な“肉体酷使”事情のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事