NEW

今、20~30代男女が殺到する「東京おでんラブストーリー」、行ってわかった“最大の難点”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おでん」といえば、日本の冬の味覚の代表格だ。本来なら、12月から2月頃までの冷え込む時期にこそ楽しみたいグルメである。ところが、夏の間も、おでんを売りにするレトロな居酒屋が若い男女の間で注目を集めている。ただし、彼らの目当てはおでんそのものというより、「異性との出会い」だ。

東京おでんラブストーリー」は、都内きってのおしゃれエリア・恵比寿に昨年オープンした出会いの新名所として知られる。コンセプトは“ノスタルジックな昭和スタイルの出会いの場”。相席系居酒屋やスタンディングバー、銀座コリドー街や同じ恵比寿の恵比寿横丁と、男女の出会いスポットは数多いが、その舞台がおでん屋というのはかなり珍しい。

 いったい、どんな店なのだろうか。本当に異性と出会えるのか。猛暑が続いた8月の金曜日、20代女子である筆者が実際に東京おでんラブストーリーを訪れてきた。

「恵比寿横丁はもう飽きちゃった」

 東京おでんラブストーリーは、恵比寿駅西口からわずか徒歩1分、アトレ恵比寿裏の雑居ビルの中にある。出会えるおでん屋というフレコミだが、相席系居酒屋のように女性無料でもなければ、席のチェンジシステムがあるわけでもない。たまたま隣に座った異性と意気投合し、1杯おごったり会話を弾ませたりする。そんな自然な出会いを演出する場所だ。

 おそらく、その目新しさがウケたのだろう。オープン直後から20~30代の男女の間で話題になり、SNSで拡散され、連日満席状態となる賑わいを見せているという。

 事実、午後7時ごろに店を訪れると、仕事終わりらしき20代のサラリーマンと同年代の女性たちが店前に列をつくり、中に入ることもできない。店のすぐ横には、会員数400万人を誇る最大級のマッチングアプリ「タップル」が運営するスタンディングバー「tapple Bar(タップルバー)」が並んでいるのだが、こちらをしのぐ人気ぶりなのだ。

今、20~30代男女が殺到する「東京おでんラブストーリー」、行ってわかった最大の難点の画像1

 しかし、「何時頃空きそうですか?」と店員に聞いても、「時間制じゃないので、お客さんによります」とそっけない。そこで、午後9時過ぎに再び店に行くと、タイミングよく席が空いた。中に入ると、評判通り20~30代の男女ばかりで盛り上がっている。

 約20坪、40席の店内は、古いラジカセやミシンが飾られたレトロな雰囲気で、リヤカーを改造したおでん屋台が3台ある。その周りには、スツールと呼ぶのがためらわれるほど素朴で質素な食堂椅子。店名でわかるように、目玉はこのおでん屋台だ。ひとつの屋台を客がぐるりと囲むように座り、隣の異性グループと会話を楽しんでもらう仕掛けである。今、20~30代男女が殺到する「東京おでんラブストーリー」、行ってわかった最大の難点の画像2

 もっとも、男女比を考慮して案内しているわけではないようで、よく見ると女性グループばかりの屋台もあった。一方、男女のグループが隣同士になった屋台では、「どんなお仕事されてるんですか?」「何歳に見えます?」といった会話が交わされている。

 友人と2人で店を訪れていた26歳の女性は「恵比寿横丁はもう飽きちゃったんで……」と話す。「たまたま入った居酒屋で、自然といい男と出会う。そんな感じで彼氏を見つけたいなと思って」。

今、20~30代男女が殺到する「東京おでんラブストーリー」、行ってわかった“最大の難点”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事