NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

40~50代を襲う「むなしさ」の正体…実り多い人生へ軌道修正するチャンス

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 40代後半に差しかかった人から、「このところ何もかもがむなしくて仕方がない」「仕事はちゃんとこなしているものの、以前のような情熱がなくなってしまった」「自分はどうなっちゃったんだろう」と相談された。

「このままでいいんだろうか?」という心の声が聞こえる

 いわゆる働き盛りを過ぎる年代になると、突然むなしさに襲われるというのは、じつによくあることなのである。

 もちろん感受性には大きな個人差があり、何かと落ち込みやすい人もいれば、滅多なことでは落ち込んだりしない人もいる。何かにつけて悲観的になる人もいれば、常に楽観的な人もいる。人間味の乏しい職場の人間関係に淋しさを感じる人もいれば、仕事上の人間関係なんてこんなものと達観した感じの人もいる。

『50歳からのむなしさの心理学』 (榎本博明/朝日新書)

 だが、40代や50代というのは、どうも多くの人がむなしさを感じる時期のようだ。これまでエネルギッシュに仕事に取り組んでいた人のモチベーションが急に低下したり、常に明るく前向きだった人が元気のない表情を見せるようになったりする。

 これまで何の疑問ももたずにいた日常の流れに違和感を覚える瞬間がやってくるのだ。当たり前のように続けてきた仕事生活にも疑問が湧いてくる。

「なんのためにこんなに必死になって、がんばってるんだろう?」

「このまま突っ走ってしまっていいんだろうか?」

「もうちょっと楽しい人生ってないもんだろうか?」

「もっとのんびり生きてもいいんじゃないか?」

「こんな生活がこの先もずっと続くんだろうか?」

 そんな声が心の奥底から聞こえてくるようになる。

仕事生活に乱れが生じる

 これまでは目の前の現実の要請に追われ、すべきことをこなすだけで、自分を振り返ることなどなかった人も、心の声に誘われ、自分の人生についてあれこれ思いをめぐらすようになる。そうなると現実の歩みに乱れが生じる。

 初めて有給休暇を取ったという人は、「これまで休みもせずにがむしゃらに働く自分に酔っていたような感じがあったけど、なんだか冷めてしまったんです。こんなふうに時間を消化してしまっていいんだろか、って思うと……なんていうか、こんな生活はむなしいなって感じて……」というように、むなしさに包まれている心境を吐露した。

40~50代を襲う「むなしさ」の正体…実り多い人生へ軌道修正するチャンスのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事