NEW

五輪マラソン、開催地変更で浮かぶ選考会日程の“ごまかし”…小池知事の隠れた責任

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京2020プレビュー IOC調整委員長が都知事と会談(写真:AFP/アフロ)

 国際オリンピック委員会(IOC)のT・バッハ会長は10月17日、「東京五輪マラソンと競歩のコースを札幌に変更した」と会見した。札幌市の秋元克広市長は「大変ありがたいこと」と、発着地点が見込まれる札幌ドームの改修などの検討に入り、鈴木直道北海道知事は「組織委員会と東京都が費用を持つべき」とした。IOCのJ・コーツ調整委員長は「理由は単純、選手の安全が第一、札幌市は東京より気温が5度~6度低い」とし、IOCと協議した森喜朗大会組織委員長は、「反対できるはずもない。容認した」と話した。

「札幌で決まり」の雰囲気だったが、ここへきて代替案をひっ下げた東京が反撃に出るようだ。

「青天の霹靂、唐突なかたちで発表された」と不快感を示していた小池百合子東京都知事は23日、

(1)マラソンの6時のスタートを5時に繰り上げ

(2)競歩のコースを日陰への変更

(3)「復興五輪」として両競技を東北で実施

などの代替案を検討していることを明かした。小池知事は「そもそもIOCはスタート時間などを考慮して札幌と比較したのか」と不信感を見せる。小池知事はIOCの発表直後、何の受けを狙ったのか「涼しい所なら、北方領土でやればいい」と発言し、顰蹙を買った。

 小池知事は「復興五輪なら東京五輪のボート・カヌー会場を東北に」という案が地元から出た時、そんな気はさらさらないのに、さっそく宮城県登米市の漕艇場をモーターボートで視察するパフォーマンスを見せた。それがIOCの「決定」に窮した今になって東北案を出したのだ。それなら北方領土発言をした時点でなぜ「東北で」と言わないのか。「東北復興」など念頭にもなかった証拠だ。

なぜ選考会は「9月」に行われたのか?

 さて、「札幌へ変更」の引き金は9月にドーハ(カタール)で行われた陸上の世界選手権。深夜から未明に実施したが気温30度以上、湿度70%以上で女子マラソンと男子競歩で4割が棄権。救急車で運ばれる選手も続出した。東京五輪はマラソンが8月2日(女子)と9日(男子)。マラソンは午前6時、競歩は男子50キロが5時半、男女20キロを6時スタートにしたものの同様の事態が危惧される。

 スタート時間繰り上げを訴えた東京農業大学の樫村修生教授も「選手や観客、ボランティアを守るためにも北海道開催は賛成」とする。こうした「札幌移転」を歓迎するも声も多い一方、

「東京へ向けて全力で走って代表になった。今さらという気持ち」(前田穂南選手を指導する天満屋の武冨豊監督)

「まさか代表選考をやり直さないでしょうね」(服部勇馬選手を指導する佐藤敏信監督)

など、困惑も多い。すでに東京五輪に予定されたコースで一発選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を実施、男女2名ずつの代表を決めていた。

五輪マラソン、開催地変更で浮かぶ選考会日程の“ごまかし”…小池知事の隠れた責任のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事