NEW
ジャーナリズム

局幹部「東海テレビのイメージ棄損している」…問題作『さよならテレビ』公開、衝撃のラスト

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『さよならテレビ』パンフレットの表紙

 話題のテレビドキュメンタリーの映画化作品が、東京都中野区の「ポレポレ東中野」で上映が始まった。作品名は『さよならテレビ』。2日の初日舞台挨拶には満員の125人が会場に押しかけ、注目の高さをうかがわせた。

 『さよならテレビ』は東海テレビ放送(名古屋市)の開局60周年記念番組として放送された同名のドキュメンタリー番組を再編集した。同局は『死刑弁護人』『平成 ジレンマ』『ヤクザと憲法』など、タブーを恐れぬ鋭い切り口のドキュメンタリーを世に送り出している。そんな同局が今回挑んだ業界のタブーは、自分たち自身。つまりテレビ局の報道現場だった。

 監督は『ホームレス理事長 退学球児再生計画』『ヤクザと憲法』などを手掛けた土方宏史氏(※)、プロデューサーは『人生フルーツ』『眠る村』『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の阿武野勝彦氏だ。

 作品は2016年11月、東海テレビの報道フロアから始まる。自社の報道フロアにカメラを入れ、取材を始めると伝える土方氏に、渋面を浮かべて反発する編集幹部たち。報道に携わる社員たちの本音と建て前を巧みにあぶりだしながら、次第にカメラは入社16年目(いずれも当時)の福島智之アナウンサー(37)、ベテラン契約記者の澤村慎太郎氏(49)、制作会社の派遣社員、渡邊雅之記者(24)の3人にクローズアップしていく。働き方改革の余波、日々の視聴率競争や「ぜひもの」という営業支援取材の実態、警察幹部などの情報提供に基づく「抜き抜かれ」のスクープ合戦などを折り込みつつ、作品は衝撃的なラストに向かっていく。

「社内試写会はしたが意見は聞かなかった」

 放映後に行われた舞台挨拶には監督の土方宏史氏が登壇した。観客の質問に答えるかたちで、撮影秘話を明かした。会社が提示した報道フロアでカメラを回す条件だった「テレビ放送前に局内で試写を行うこと」について、土方氏は次のように語った。

「結局、放送することに関して、社内の同意は取れていません。放送オンエアの2日前くらいに試写会をしました。みんなテレビの人間だから、もうその段階で文句を言っても内容は変わらないとわかっていたので、そのままオンエアされました。試写会をやるとは言ったけれど、感想を聞くとは言っていないという、頓智のような話です。放送後、2週間くらいして、取材対象者やそれ以外の社員から話を聞くために反省会を行いました。

 立場が違うとみんな考え方も違う。人事系の社員からは『新入社員が来なくなる』と言われました。幹部の人たちからは『東海テレビのイメージを棄損している』と指摘されました。今も、放送直後の雰囲気は変わっていません。撮られた人たちの痛みは消えません。編集で切り取っているわけですから。その当事者の人たちにとっては、触れてはいけないことになっています」

関連記事