NEW
ヘルス・ライフ

ファミマ、今買うべき“斬新な”食品5選…売切れ続出の照焼チキン、専門店並みバウム

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホットスナックの大定番である「ファミチキ」や、元SMAPの香取慎吾をイメージキャラクターに起用したお惣菜シリーズの「お母さん食堂」など、いくつもの人気商品を抱えているファミリーマート。2019年11月30日時点で国内に1万6532店舗を構え、その身近さは「あなたと、コンビに」の企業理念を体現しているといえるだろう。

 19年7月には、スマートフォン決済サービスの「ファミペイ」をリリースしたことも話題となった。コンビニは日常的に使うものだからこそ、こうした利便性の向上は大歓迎である。

 そんなファミリーマートでは、今季も新発売のシーズン商品が続々と登場しており、好評を博しているようだ。今回は「買うべき・買ってはいけない調査班」の独断により、ファミリーマートの「この冬、買うべき商品5選」をピックアップした。「どの商品もおいしそうで迷ってしまう」というときの参考にしてほしい。

「黒ごまラテ」/198円(税込、軽減税率適用。以下同)

 まずは「黒ごまラテ」だ。黒ごまは栄養価が高いといわれているが、その味については、少しクドいというイメージを持つ人もいるのではないか。しかし、このラテはサラサラとしたのど越しを実現しており、黒ごまのエグみや苦味はほとんど感じられない。とてもすっきりとした甘さなので、最後までごくごくとおいしく飲めること請け合いだ。

 また、量は240mlとたっぷり入っていながら、カロリーは167kcalと控えめなのもうれしいポイント。クセのない万人ウケしそうな仕上がりになっているため、広くおすすめしたい商品である。

「ミートパイ」/149円

 続いては「ミートパイ」。ミスタードーナツの惣菜パイを彷彿させる味で、もちろんそのままでも食べられるのだが、袋のまま数十秒レンジで温めるだけで断然おいしくなる。ホカホカになったミートフィリングとチーズソースに、何層ものパイ生地が被さっており、非常にボリューム満点の食べごたえだ。

 また、ミートパイといえば洋風のイメージが強いだろう。特にこの商品は、コンビニのパンの割には安っぽさがないため、ちょっとしたパーティーで、何かもう1品おしゃれな食べ物をお皿に並べたいときなどにも重宝するかもしれない。

関連記事