NEW
ジャーナリズム

ポルトガル、聖母マリア出現の「ファチマの奇蹟」は予言されていた…鏡像文字による自動書記現象

文=水守啓/サイエンスライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1917年5月13日より数回、ポルトガルの寒村ファチマで3人の子供たちの前に聖母マリアが出現し、人類の未来について語るという奇蹟が起こった。最後の奇蹟の際には7万人の大群衆が集まり、超自然的な太陽の乱舞が目撃された。この一連の奇蹟はカトリック教会が公認し、「ファチマの聖母」として世界的に知られている。その詳細は前編でお伝えした通りである。おそらく、これは日本人でも少なからずご存じと思われるが、このような超自然的な出来事が起こることを事前に予言した人々がいたことはあまり知られていない。

 そのような事実は、実はポルトガルの著名な新聞4紙において紹介されていた。リスボンの「Diario de Noticias」紙は1917年3月10日に、当時ポルトで最有力だった「O Primeiro de Janeiro」紙は5月13日に2日前の情報を一面で、また同ポルトの新聞「Jornal de Noticias」紙と「Liberdade」紙も、5月13日に何か重大なことが起こると当日付けの紙上で発表していた。

 それらの情報源は、一つはリスボン、もう一つはポルトを拠点とした、霊能者が集う異なる2つの降霊術者グループにあった。両グループとも、5月13日に歴史的に重要な出来事が起こると予言した。その一つはファチマの奇蹟が起こる3カ月前になされたものだった。両グループは、その内容の重要性ゆえに、新聞紙上で報告されるべきと考え、情報を提供する決断を行ったという。

 もちろん、彼らは聖母のメッセージを受け取ったファチマの子供たちとはなんの接点もなかった。また、ファチマの子供たちも、奇蹟の2年前から天使の出現を受けていたものの、予言的なメッセージは何も受け取っていなかった。

 では、どうして降霊術者のグループが5月13日に歴史的に重要な出来事が起こると予言できたのだろうか? 実は、その情報は「自動書記」によって与えられたのである。たとえば、腕から肩にかけて熱さを感じ、わけもわからず鉛筆と紙に手を伸ばし、文字を書き記していく行為で、自分の意思に反して勝手に起こる現象である。

 それは、降霊あるいは憑依した霊、宇宙人、異次元存在などが書かせるものと考えられている。ときに記される文字は特徴的で、本人の筆跡と異なるだけでなく、鏡像文字となることもある。

 実は、ファチマでの出来事を予言したとされるメッセージは、左から右ではなく、右から左に記され、鏡を横に置いて初めて読み取れるものだった。

左よりルシア、フランシスコ、ジャシンタ

反転は時間を遡る?

 鏡像文字といえば、ルネサンス期の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが1万3000ページにも及ぶノートを埋め尽くした文字として知られている。他人に読みづらくするためにそのように記したのではないかともいわれるが、その真相はもっと深いところにあるのかもしれない。

関連記事