NEW
松崎久純「ビジネスパーソンの自己啓発」

52歳でタッチタイピングを習得して実感、「遅くても始めてよかったこと」は多い

文=松崎久純/グローバル人材育成専門家、サイドマン経営代表
52歳でタッチタイピングを習得して実感、「遅くても始めてよかったこと」は多いの画像1
「gettyimages」より

 物事には、矛盾する考え方のどちらも正しいことがあります。近年、筆者がそれを身をもって感じたのは、スキル習得についてです。

 タッチタイピング(パソコンのキーボードの文字刻印を見ないでタイプすること)を学ぶべく練習したのですが、その練習を始めるのがあまりに遅かったとも、決して遅くなかったとも思える体験をしたのです。

これまで取り組まなかった練習

 筆者は現在52歳ですが、2年近くタッチタイピングの練習をして、現在ようやく「できるようになってきた」と実感しています。つまり、練習をはじめたのが50歳のときだったのですが、そのときは習得に2年間もかかるとは、まるで想像していませんでした。毎日少しずつ練習をしましたが、なかなか上達を感じられず、こんなに時間を要するものかと悩みながら継続していました。

 読者のみなさんは、50歳で始めて、それから2年間ほぼ毎日(短時間ではあっても)練習を必要とするスキル習得と聞いて、どのように思われるでしょうか。

 私もタイピングそのものは早くから日常的に行ってきました。10代の頃はホテルで予約受付のアルバイトをしており、電話予約を受け、手書きした予約票をコンピューターに打ち込む業務を担当していたのです。手書きの予約票は、社員の人たちが手書きしたものも含め、相当の量がありましたから、かなり速いスピードでタイピングする必要がありました。ただし、その際、私はまったくの我流でタイプしていたのです。

 その後、私はアメリカの大学に留学しましたが、当時のアメリカの大学では(パーソナル・コンピューターがようやく普及しはじめたころでしたが、)提出物はタイプライターなどでタイプして作成するのが普通でした。そのため、やはりタイプは頻繁にすることになりましたが、私はこのときも我流でタイプをしていたのです。

 大学を卒業し、現地で就職をしてから、その後日本に帰国してからも、日常的にコンピューターを使い、キーボードによる文字入力をしてきました。30代半ばからは、執筆の仕事もしてきましたから、どちらかといえば人より多くタイプしてきたほうだと思いますが、自分のタイピングのスキルは癖だらけで、決して褒められたものでないことをよくわかっていました。

 そして、スピードは遅くありませんが、日本語でも英語でもキーボードの文字刻印を見ていないと、ほとんどまったくタイプできなかったのです。したがって暗い部屋ではタイプできませんでしたし、メモや資料を参照しながらタイプするときには、「メモや資料」「キーボードの文字刻印」「モニター画面」の3つを見ながら作業しなくてはいけないので、非常に面倒で不便を感じていたのです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ