市川保健所、文書で「コロナ感染疑わしくてもPCR検査対象外に」…重度の肺炎患者に限定の画像1
千葉県の公式サイトより

 PCR検査受診のあり方をめぐる議論が日本全国で続いている。そんななか、「コロナウイルス感染が御心配で検査をご希望の方に」と題する文書が、千葉県市川市内のクリニックで発熱症状を訴える患者に配布されている。そこには市川保健所、市川市医師会、新型コロナウイルス対策連絡会の名が記された上で、「重症の肺炎患者以外はPCR検査を行わない」という驚きの方針が述べられていた。果たして、これは本当なのか。

「コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静」

 文書では次のように述べられていた。

「発熱症状の患者さんはまず一般診療所で診察し、入院治療が必要となるような肺炎が疑われる患者さんのみを病院にご紹介し、病院が必要と考えたケースのみコロナウイルスのPCR検査を行うことになりました」

「コロナウイルス感染が疑わしい方も肺炎症状がない方は検査の対象にはなりませんし、検査目的に病院を御紹介することはできなくなりました。保健所の帰国者接触者センターも検査や受診の相談、指示は行わないことになりました」

「コロナウイルス感染が御心配な方も検査でコロナ感染かどうか調べることはできませんが、コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静にしてください」

 要約すると、PCR検査の受診は「重症の肺炎患者」のみしかできない。肺炎に至らない場合は、「自身の責任で自宅療養を」ということだ。確かに厚生労働省などは、コロナウイルスに感染しているかどうかを見極める一つの指標として特徴的な肺炎のCT画像をあげている。だが、それは指標のひとつであって、検査をするかどうかの結論ではなかったはずだ。また、現時点で肺炎ではない患者も重篤化する可能性がある。

 また新型コロナウイルス感染症は「指定感染症」だ。確定診断がなされていない患者が働きに出たり、買い出しに行ったりすることを法的に拘束することはできない。結果として、新たなクラスターや経路不明の感染者が続出し続けることになるのではないか。

市川保健所「公式文書ではない」が大意は否定せず

 市川保健所の担当者は、同文書は保健所当局の公式文書ではないとした上で次のように説明する。

「基本的に、重症度の高い方は優先的に地域の医療機関に紹介しPCR検査を受診していただいています。軽症の方は地域の一般の診療科で診るという方針です」

 では現時点で重症化していない患者は、コロナウイルスに感染しているかどうかをどのように判断すればよいのか。

「その場合は、受診された一般病院の医師が判断して(PCR)検査をするかどうかを決定していただくかたちになっています。決定権は医師にあります」(保健所の担当者)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ