想像を絶する非常識…マスコミ記者と役人のズブズブの“賭け麻雀”接待の実態の画像1
「Getty Images」より

「あそこまで脇が甘くて、よく足の引っ張り合いの激しい検察庁の世界で同庁ナンバー2の東京高検検事長にまで出世したな」と不思議でしかない。東京高検検事長だった黒川弘務氏(63)。安倍政権が打ち出した検察官の定年延長を含む「改正検察庁法」がすったもんだの末、18日に今国会での法案成立断念が決まった直後、「文春砲」がぶっ放された。開いた口も塞がらない内容だ。

 21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、1日、黒川氏は都内で産経新聞記者と朝日新聞元記者とともに「賭けマージャン」をしていたという。それも常習的だったようだ。黒川氏は辞任を表明した。「三密」の際たる麻雀を緊急事態宣言下、自粛で都内はガラ空き状態の中でやっていたことも驚きだが、雀荘ではやりにくくなったため、一人住まいの産経記者宅に集合した。記者3名はいずれも黒川氏と昵懇の間柄だったようだ。黒川氏は21日に辞表を出し、22日に辞表が承認された。

「新聞記者イコール麻雀とタバコ」は昔のことと思っていたが、いまだに続いているのかと驚いた。黒川氏と同年齢の筆者は20代の頃、カメラメーカー社員から通信社記者に転身し、岡山支局に勤務したが、県警記者クラブで仰天した。真昼間から各社の記者たちがジャラジャラと音を鳴らしてマージャンをしているのだ。

 実は単に遊んでいるというわけでもないことに気づいた。マージャンは「ライバル社の牽制」にも使われる。地元紙のキャップなどが「おい、Y社(全国紙)の記者が今晩の麻雀に来ないぞ。特ダネ追ってるはずだ。気を付けろ」など、トイレに行くふりをして後輩記者に連絡するということもある。

 記者だけでやっているのではない。後年、札幌で横路孝弘知事時代の北海道政を担当していた頃、道庁の記者クラブを夜、覗くと、広報課長が北海道新聞記者たちとマージャンをしている姿もよく見かけた。全国の役所内に設けられている記者室には、記者たちのための麻雀部屋まであったりした。しかし、こうした「記者には当たり前」だった世界も、市民の目が厳しくなり、少なくなってはいた。

 家庭麻雀でもなければ、賭けないマージャンなどまずない。ささやかな賭けは「コーヒー一杯」などもある。だが、かなり前だが、厚労省だったかの記者クラブで負けた金を払わないことに腹を立てた記者が、相手の記者にバケツで水をぶっかけて大騒動になったという恥ずべき話も耳にした。

麻雀を利用し重要なネタ元に近づく記者たち

 今回、黒川氏の場合、賭け金は数千円から2万円くらいだったという。法の番人が立派な「賭博」をしていたとされる。黒川氏はかなりの「麻雀狂」だったようで、自分で記者たちを誘っていたらしい。記者たちがそれに合わせて麻雀を嗜み、重要なネタ元に接近していた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ