NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

安倍昭恵夫人の絶えない問題行動は、安倍首相の“過度のマザコン”が原因の可能性

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

安倍昭恵夫人の絶えない問題行動は、安倍首相の“過度のマザコン”が原因の可能性の画像1
安倍昭恵夫人のインスタグラムより

 安倍晋三首相の妻、昭恵夫人が経営する居酒屋「UZU」が6月1日、営業を再開した。昭恵夫人はこの日を待ち望んでいたようで、それは「家にいると息が詰まる」からだと「女性セブン」(2020年6月18日号/小学館)で報じられた。

 その気持ちは、わからなくもない。何しろ、夫婦の会話はほとんどないようだし、不要不急の外出自粛が要請されていた最中に芸能人と一緒に“桜を見る会”を催したり、大分県の宇佐神宮に旅行したりして、安倍首相の足を引っ張るようなことばかりやっているからだ。

 おまけに、姑の洋子さんもいる。安倍首相の私邸は、2階に首相夫妻、3階に洋子さんが住む二世帯住宅らしいが、安倍首相は、なるべく母と一緒に朝食の食卓を囲むようにしているし、早く仕事が終わると必ず3階に行って母親のそばにいるという。

 洋子さんは、“昭和の妖怪”と呼ばれた岸信介元首相の長女で、“政界のゴッドマザー”と呼ばれている。だから、とくに小言を言われなくても、姑の前に出たときの重圧たるや相当なものだろうと容易に想像がつく。

 もっとも、洋子さんは、6月11日には92歳を迎えるほど高齢ということもあり、1年ほど前から入退院を繰り返しており、現在はVIP病室完備の大学病院にいることが多いらしい。しかし、昭恵夫人の足はなかなか姑の病室に向かないようで、洋子さんが周囲に「しばらく昭恵さんの顔を見ていないわ」と遠回しにこぼすほどだとか。

 昭恵夫人を擁護するつもりはないが、これは夫と姑の関係が非常に密接なため、姑との関わり方が難しいことにもよるのではないかと思う。安倍首相の父の晋太郎氏が総理の座を目前にして早逝した後、若き日の晋三氏を必死で支えたのが洋子さんであり、永田町の重鎮たちに「晋三をよろしくお願いします」と頭を下げて回ったという。

 そのうえ、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は次のように証言している。

「晋三氏が首相になってからも、選挙時に地元の支援者回りをするのはもちろん、政府内での人事のアドバイスまでするといわれています。安倍首相にとっては、“絶対に頭が上がらない存在”であって、常に体調などを気遣っているそうです」(「女性セブン」2019年6月20日号)

 昭恵夫人は周囲に「すべてを完璧にできてしまうお義母さんを見ていると、何もできない自分が恥ずかしくなる」とよく漏らしていたとも報じられている(同誌)。事実とすれば、昭恵夫人が自分の出る幕はないと感じても不思議ではない。そのため、姑と夫が水入らずで過ごす空間に入り込むのがはばかられ、家をあけてばかりいるのかもしれない。

安倍首相はマザコン?

 安倍首相が母とずっと二人三脚でやってきて頼り切っているとか、母に頭が上がらないとか、60歳を過ぎても非常に親密な関係だとか聞くと、マザコンなのではないかと疑いたくなる。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ