「1日1食+夜に間食」で体重管理するカロリー計算ダイエットに医師が太鼓判を押す理由の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの影響により自宅で過ごす時間が増えた人のなかには、通勤などでの移動でカロリーを消費することもなく、手の届くところに常に食べ物があることも相まって、体重を増やしてしまった方も多いのではないでしょうか。

 私も勤務先が休業となり自宅にこもる時間が増えて、2週間で1kgほど体重が増加してしまいましたが、あわてて以前取り組んでいたダイエット法を始め、1カ月弱で元の体重である67kgに戻すことができました。また、昨年は72kgまで増えた体重を4カ月ほどで67kgまで落とすことにも成功していますが、その方法について解説してみましょう。

 私が行ったのは、シンプルに「1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにカロリー計算する」という方法です。目標は、無理をせず1カ月で1kg前後落とすこと。1年継続できれば10kg以上の減量になるので、これで十分だと思います。

 1カ月で5kgほどの目標を設定する人も多いですが、これは現実的ではないでしょう。体重1kgあたり7200kcalと言われているので、1カ月で5kgとなると3万6000Kcal、1日あたり1200kcalを減らさなくてはならない計算となり、厳しい食事制限が必要で継続は難しいと思われます。

 その上、栄養状態も悪くなって、体力が落ちてあらゆるパフォーマンスが低下してしまいますし、目標を達成して元の食生活に戻れば、過度なカロリー制限による筋力と基礎代謝の低下により、あっという間にリバウンドするでしょう。

 40代男性の私は173cm・68kgなので、1日の消費カロリーは低く見積もって2200kcalと推定しました。対して、摂取カロリーを1日2000kcalとすると、1日200kcal減=1カ月で6000kcal減。これを目標にすると、1カ月で1kg弱の減量ができる計算になります。

 この目標を達成するためには、私の場合1日3食では必ずオーバーしてしまいます。一旦食事を口にすると、食の誘惑に勝てず、1食あたりの目標摂取カロリーを設定しても、どうしても守れませんでした。そこで、私は「1日1食+α」を実践しました。

「いかにも不健康な感じで太っている」人たち

 1日1食ダイエットは、数年前より、医師を中心として紹介され始め、書籍も多数出版されていますが、そこで共通して言われているのは「今の日本人は食べすぎ」ということです。空腹感をさほど感じていなくても、1日3食を義務のように食べている人も多いのではないでしょうか。私の知人の医師も、このように話しています。

「食べすぎは万病のもとです。太るのはもちろん、胃腸が食べ物を処理するだけで手いっぱいになって休まらないので、本来の機能を損ない、体調不良にもなりやすいです。今まで多くの患者さんを診てきましたが、やはり病気になりやすい人、病気が悪化してしまう人は太っていることが多く、それがまた、いかにも不健康な感じで太っているんです。肌つや、顔色などを見ているとわかります。彼らはカップラーメンやコンビニ弁当、あと砂糖の多いジュースなどを、栄養なんか気にしないで食べているのかな、という感じがしますね」

 私は40代になってから70kg以上の体重が慢性化していましたが、この話を聞いて他人事とは思えず、今後「いかにも不健康な感じで太っていく自分」を想像してしまいました。やはり、食生活を改善しないと体型だけではなく今後の健康にもかかわってくると思い、食生活の改善を決意した次第です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ