NEW

藤井聡太は本当は笑っていなかった…初タイトルの記者会見で“やらせ”

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

藤井聡太は本当は笑っていなかった…初タイトルの記者会見で“やらせ”の画像1
藤井聡太棋聖

 将棋の藤井聡太七段(18)が7月16日に大阪市の関西将棋会館で行われた棋聖戦五番勝負の第4局で渡辺明三冠(36)を破り、3勝1敗でタイトルを奪取。「新」棋聖となった。「実感がないんですけど、とてもうれしく思います」などといつものように控えめに喜びを語った。タイトル奪取の最年少記録だった屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月を更新したが、「記録は意識していなかった」も今や恒例の言葉。

 藤井棋聖は現在、木村一基王位(47)と王位戦七番勝負を戦っており、第1局から2連勝して優位に立っている。さらには竜王戦も本戦トーナメントに勝ち上がり、秋に豊島将之二冠(30)に挑戦する可能性がある。年内の三冠達成など、さらなる記録への期待は尽きない。

 さて、藤井は7月19日に18歳の誕生日を迎えた。棋聖戦の第4局で渡辺がタイに持ち込んでいれば、タイトル奪取は最速でも第5局の7月21日となり「18歳と2日」になってしまっていた。やはり17歳と18歳では印象も違う。藤井はタイトル挑戦権獲得の最年少記録を決めた時も、たった4日の差だったのだ。コロナ対策で久しく対局ができず、日本将棋連盟が苦労して決めた日程だったが、そんな期待に応えるところも立派。生まれながらのスターなのだろう。

記者は「リモート質問」

 筆者はタイトルを奪取した対局の翌朝に同会館で行われた記者会見で、「藤井七段は相手が羽生(善治)永世七冠だろうが、渡辺三冠だろうが、格下だろうがコンピューターだろうが、関係なく盤面に集中するだけのような印象ですが、誰が相手でもまったく同じなのでしょうか?」と尋ねた。藤井は「盤上を通じての人とのコミュニケーションでありますし……。相手が指してきた手を見て、こんな手があるのかなと思ったり……。対局者によってはそれぞれいろんな発見があるのかなと思います」と答えていた。おそらく戦略的なことを念頭に答えてくれたのだろう。「精神的には誰が相手でも委縮することもないのですか?」などと訊けばよかったかもしれない。

 とはいえ歴史的瞬間にも立ち会え、本人に質問できたことは光栄だった。会見は限られた時間(20分)で、質問も感染防止のため藤井本人とは別室からパソコンを使った「リモート質問」。主催者の産経新聞社や関西将棋記者会の幹事社などが優先され、質問希望者も殺到したなかでの僥倖だった。対局当日は指名されなかったので翌朝も出かけた。信用薄いフリーランスの筆者を指名してくれた日本将棋連盟の担当者に心から感謝したい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ