NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックコンサートのチケット、“半券”はなんのためにある?意外に重要な役割が…

文=篠崎靖男/指揮者
【完了】クラシックコンサートのチケット、半券はなんのためにある?意外に重要な役割が…の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛してきたオーケストラも活動を再開し、日本の音楽界も少しずつ活気を取り戻してきています。もちろん、感染防止には細心の注意を払っており、たとえば、通常のようにチケットの半券をスタッフが切り取るのではなく、観客が自分で切り取って半券を箱に入れていただく形式になっています。また、これまでは手渡しをしていたプログラムも観客が直接取るシステムになっており、あくまでも接触をさける対策です。

 ところで、このチケットの半券は、なんのためにあるのかご存じでしょうか。以前は、主催者はこの半券を税務調査のために取っておかなくてはならなかったそうです。半券にはチケットの値段が書いてあるので、これを枚数と掛け合わせることにより、その日のコンサートの収益がわかる仕組みだったのです。さすがに最近では、そういうことはなくなったそうですが、それでも今もなお半券には重要な役割があります。

「篠崎マエストロ、今日は1453名の入場がありましたよ」。そんな嬉しい知らせを演奏会直後に聞くことができるのは、半券のおかげです。あらかじめチケットを購入していたにもかかわらず急用で来られなくなった観客や、開演ギリギリに当日券を買って観客席に飛び込まれるお客さんもいますし、関係者を無料で招待した場合など、招待チケットを300枚配っても100名くらいしか来られないこともあります。そのため、販売チケットと招待チケットの総数を把握していても、それが実際の入場者数とはなりません。

 一方、半券は確実に来場者のチケットから切り取られているので、こんなコンピューター全盛の時代であっても、スタッフが1枚1枚半券を数えるのが一番正確で、かつ簡単に来場者数を把握できる方法なのです。ちなみに、現在では税務調査の資料にならなくなった半券は、数え終えた後、そのままホールで破棄されるとのことです。

ウィーンで起きた“事件”

 チケットの半券について話を戻しますが、海外ではほとんど見かけたことがありません。海外のコンサートでは、座席番号を書かれてあるチケットを見せるだけで入場できるのですが、それを悪用する人間もいたのです。

 とはいえ、ほとんどのコンサートは指定席なので、同じ座席番号のチケットは2枚存在することがなく、偽造チケットをつくって一儲けするようなことはできません。それでも、僕がウィーンに留学していたころ、ある事件が話題になりました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ