NEW
航空経営研究所「航空業界の“眺め”」

航空機内でコロナに感染する確率は「0.008%」以下? 3分で全空気入れ替わり

文=橋本安男/航空経営研究所主席研究員、桜美林大学客員教授
【この記事のキーワード】

, ,

航空機内でコロナに感染する確率は「0.008%」以下? 3分で全空気入れ替わりの画像1
「gettyimages」より

 世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が衰える気配がない。コロナ禍の下で世界の航空業界では、旅客需要が2月以降急減し始め、底を打った5月には国際線で減少率98.4%、国内線で減少率86.9%というかつてない需要喪失を経験した。国内線から需要は徐々に回復しつつあるものの、その上昇傾向は想定よりも緩慢である。航空会社としては、旅客を呼び戻すため、客室内の衛生管理と感染リスクについて旅客の理解と安心感を得ることが、重要な課題となっている。

 そんななか、米国では、機内での新型コロナの感染リスクをめぐって大論争が起こっている。そもそも機内での感染リスクとは、どの程度のものなのだろうか。

中央席の扱いをめぐって米国で大きな論争が勃発

 当初、急減した需要のなかで、世界の多くの航空会社はソーシャルディスタンスに配慮し、少しでも旅客に安心感を与えるため、3席シートで中央席を空席とし旅客が隣り合わない「中央席ブロック」、ないしは座席数制限の方策を取った。日本では緊急事態宣言後、日本航空(JAL)とスカイマークが予約段階で中央席の販売を中止した。なお、スカイマークは6月から、そしてJALも7月から中央席の販売を再開している。

 米国では、アメリカン、デルタ、サウスウェスト、ジェットブルーといった多くの大手航空と格安航空会社(LCC)が「中央席ブロック」を採用してきた。ところが、ユナイテッドに続きアメリカンが7月から中央席ブロックと座席数制限をやめると発表して以来、批判の集中砲火が始まった。批判する側に立ったのは、国立アレルギー感染症研究所所長でホワイトハウスでの記者会見ですっかり時の人となったアンソニー・ファウチ医師、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長、民主党の大統領候補だったバーニー・サンダース上院議員らそうそうたる顔ぶれである。

 現在、米国で中央席ブロックを行っていない航空会社は、アメリカン、ユナイテッド、スピリットの3社くらいで、手持ち資金に比較的余裕のあるサウスウェストやデルタは、少なくともそれぞれ10月、9月まで中央席ブロックを続けることを明言している。アメリカンやユナイテッドの旗色は決してよくはない。しかし、元ホワイトハウス報道官で今はユナイテッドの広報担当役員(CCO)のジョシュ・アーネスト氏は、記者会見で「中央席ブロックは宣伝的戦略であって安全のための戦略ではない」と真っ向から反論し、「機内で安全を確保する戦略はフィルターでろ過された清浄な空気とマスクの着用である」と主張した。また、両社とも旅客のマスク着用をより厳しくし、フライトが満席になりそうな場合には前もって乗客に知らせ、求められれば無料でフライトの変更を行うという。 

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ