テレ朝、女子アナ“性的&セクハラ演出”動画が物議…弘中綾香アナ、局に不快感表明かの画像1
弘中綾香アナのインスタグラムより

「テレ朝社内でほとんど問題視されていないのが、不思議なくらいです。外部の人からは『あれって問題になってないの?』と聞かれるのですが……」(同局関係者)

 テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」の企画「弘中美活部」が13日に更新され、話題を呼んでいる。今回の企画は、自ら猫背を認めるテレ朝の弘中綾香と林美桜の両アナウンサーが“美姿勢トレーニング”に励むというもの。2人はTシャツにショートパンツ、レギンスといういで立ちで、両手に持った棒を頭上にかかげて背中を伸ばしたままお尻を下げていく運動や、床に置いたストレッチポールを腰に当てて海老反りで両腕をY字型にして万歳の姿勢を取るストレッチなどを行ってたのだが――。

「動画のオープニングでは笑顔の弘中アナと林アナがドアップで映され、本編でも弘中アナはボディラインが目立つピチピチの蛍光色っぽい黄色のTシャツを着用。体を反った際には明らかにTシャツの胸部分にアンダーウェアの形が浮かび上がっていたり、ショートパンツ姿でお尻を突き出す様子が強調されて映し出されていました。動画最後の次回予告編では、ショートパンツ姿で仰向けになった弘中アナを足の斜め下からとらえた映像も流されるなど、全体の“つくり”がまるでグラビアアイドルのイメージビデオですよ」(テレビ制作会社関係者)

 この動画は公開から1週間で再生回数が29万回以上におよんでいるが、テレ朝の「動画、はじめてみました」といえば、3月から始まった三谷紬アナが毎回レギンスやタンクトップなど肌の露出が多い姿でさまざまなトレーニングに挑むダイエット企画が累計再生回数500万回を突破するなど、人気コンテンツに化けている。

「7月に配信された三谷アナがトランポリンに挑む動画では、“Tシャツの中で胸が踊っている”としてネット上で話題になっていましたが、明らかに制作サイドの“狙い”が見え見えです。過去の動画には『【妊娠疑惑!?】テレ朝三谷紬アナが本気で10kgダイエットしたら!?』という、女性の体形に“妊娠疑惑”という表現を使うものまでみられ、本当にキー局のコンテンツなのか目を疑うようなものまであります」

「ウチの局では、こんな動画はあり得ない」

 そんな仕事にさすがに当人たちも違和感を覚えているのか、19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、弘中アナが「制作スタッフは私達の将来を無視して、バズらせるためだけに動画を作ってる」というメールを局のプロデューサーや女子アナに送信していると報じた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ