NEW

藤井聡太、二冠達成の決め手「封じ手」にみる“空恐ろしい強さ”…ベテランを翻弄

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

藤井聡太、二冠達成の決め手「封じ手」にみる“空恐ろしい強さ”…ベテランを翻弄の画像1
棋聖位に続き王位を獲得した藤井聡太

 藤井聡太棋聖の史上初の「十代二冠達成」なるか、王位戦七番勝負第4局、2日目の8月20日、空振り覚悟で神戸市から炎天の福岡市に駆け付けた。対局場は大濠公園の能楽堂だったが、新型コロナウイルス対策もあり、入れるのは主催者(日本将棋連盟、西日本新聞)とNHK、AbemaTVだけ。筆者ら他の報道関係者は天神の西鉄グランドホテルでAbemaの中継を見ながら記者会見(藤井が勝った時のみ)を待つしかなかった。

 午後4時59分。「参りました」。黒いマスク姿の木村一基王位(47)が将棋盤に右手をかざして投了した。藤井の7七角は王手ではなくまだ80手目。「千駄ヶ谷の受け師」と呼ばれる受けの名人はカド番で臨んだが、粘る気力も起こさせない藤井の差し回しだったのか。「ストレート負けはお恥ずかしい。申し訳ない。家に帰って反省し、出直します」などと言葉少なだった。

 記者会見場に一人現れた藤井は「(全勝は)望外というか実力以上の結果」などと語った。藤井は羽生善治九段のタイトル二冠獲得の最年少記録、21歳11カ月を大幅に更新した。同時に規定で八段に昇段。これは「ひふみん」こと加藤一二三九段(80)の最年少八段の記録(18歳3カ月)を62年ぶりに塗り替えた。

 昨年、46歳で初タイトルを獲得して感涙し「中年の星」と親しまれながら、若き天才の前に防衛ならなかった木村を見て加藤を思い出した。1983年、無敵の中原誠名人を大激戦の末に4勝3敗で下して悲願だった名人を獲得した。当時は携帯電話もなく、勝った直後に公衆電話に走り妻に「勝った、勝った」と大声で伝えたそうだ。43歳だった。だが翌年、彗星のように台頭してきた谷川浩司九段に2勝4敗で敗れて一期で明け渡した。中原は十六世名人、谷川も十七世名人資格だ。大名人に挟まれた加藤は名人への復位は果たせず引退した。しかし、木村にはぜひともリベンジを期待したい。

棋士たちを驚かせた「封じ手」

 さて、今回の対局、勝負所で注目されたのが藤井の「封じ手」である。「封じ手」というのは名人戦、竜王戦、王位戦のように一局が2日制の時、1日目の終了時刻に手番だった側が指す手を書いて封筒に入れて、立会人に渡し厳重保管。翌朝、封が切られて書いてあった手から再開する。翌朝の手番になった側が一晩中考えられたら、各自の持ち時間(王位戦は8時間)に不公平が出るからだ。囲碁は1通だが、将棋では2通同じものを書き立会人に渡す。藤井は誰にも見られない場で指し手を書き、割り印のように木村がサインし、立会人の中田功八段に渡した。1通は金庫で保管された。

 この局面、木村は8七銀と自陣の銀を攻めてくる藤井の飛車にぶつけた。銀には金の「ひも」がついており、藤井が「同飛車成」と飛車で銀を取っても金で飛車が取られる。飛車を3六に逃がすのが常識的な手だったが、開封された封じ手は「8七同飛車成」だった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ