NEW
藤井道人(映画監督)×沖田臥竜(作家)特別対談

映画『ヤクザと家族 The Family』から見える、21世紀のリアルすぎるヤクザ事情

司会・構成=サイゾー編集部

 

映画『ヤクザと家族 The Family』から見える、21世紀のリアルすぎるヤクザ事情の画像1
映画『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督(左)と沖田臥竜氏(右)

 今年、33歳という若さで日本アカデミー賞を獲得した気鋭の映画監督・藤井道人。そんな彼の新作は『ヤクザと家族 The Family』。そして、本作の監修・所作指導をしたのが、当サイトの執筆陣のひとりであり、元ヤクザの肩書を持つ作家の沖田臥竜。これまでのヤクザ映画とは一線を画す、徹底的に「ヤクザのリアル」を追求した同作品は、現代社会に何を訴えかけるのか? どこよりも早く、当事者2人が語った。

『新聞記者』のチームで挑んだヤクザ映画

――『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀作品賞などを獲得した藤井監督ですが、来年公開される新作はヤクザをテーマにしたもので、しかも監修と所作指導を務めたのが、弊社(サイゾー)でアウトロー関連本を複数出版したり、当サイトで山口組関連のレポートを執筆したりしてくれている沖田さんということで、早速話を聞きたく、今日は集まっていただきました。まだ、試写会も行われておらず、出せる情報の限られている中ですが、この作品を軸に、現在のヤクザ事情についても伺えればと思っています。

藤井道人(以下、藤井) 新作のタイトルは『ヤクザと家族 The Family』というんですが、実は、その前に9月4日に『宇宙でいちばんあかるい屋根』という映画が公開されるので、そちらの宣伝もお願いします(笑)。

――はい。その映画については、あらためて関連サイトのほうで取材をさせていただきますね。ところで、前作の『新聞記者』は、現政権やそこに忖度するメディアへの強烈な批判精神が溢れている骨太な作品で、『宇宙でいちばん~』は清原果耶さんが主演のファンタジー色もある青春ドラマ。そして、『ヤクザと家族』は、社会から阻害されたアウトローたちの人間ドラマ。特に、タイトルにある通り、「家族」を軸に描かれています。

藤井 『新聞記者』は自分が監督をするまでに紆余曲折あって、自分の精神から生み出された作品とは言い切れなくて、プロデューサーがしたかった社会への挑戦状という側面が強かった気がしますね。その挑戦的な意図が明確に伝わるような映画にしたかったので。

――『新聞記者』の原案は、安倍政権批判の急先鋒である東京新聞の望月衣塑子記者で、プロデューサーの河村光庸氏も安倍政権下での民主主義の形骸化を憂える発言をよくされています。いわば、その“反権力映画”が日本アカデミー賞を受賞したことは、特にネット上で賛否を呼んだというか、右の人たちからは「赤デミー賞」などと揶揄する向きもありましたね。

藤井 『新聞記者』については、一切エゴサーチしないと決めています。望月さんや河村さんほどの強い政治的な信念もなく、傷つきそうなので(笑)。その『新聞記者』と同じチームでつくったのが『ヤクザと家族 The Family』です。『新聞記者』を撮り終わった後、プロデューサーの河村さんが「藤井、ヤクザ映画って興味ある?」って言ってきて。そもそも2012年に『けむりの街の、より善き未来は』というヤクザをテーマにした長編を撮ったことがあって、またやりたいなと思っていたんです。ヤクザの世界を描くにしても、軸を何にするかいくつか出し合った時に、今までにないものにしたかったので、その中から、家族関係を軸にしつつ、ヤクザやその家族の人権とか、ヤクザである主人公の周辺にいるそれぞれの立場の人間が、社会に対してどう生きていくのかというところを描こうと思いました。

――『ヤクザと家族』は、元ヤクザである沖田さんが書く作品とも通じる部分が多くあったそうですね。

沖田臥竜(以下、沖田) 自分も脚本を読んだ時にびっくりしましたね。自分の場合は、『死に体』(れんが書房新社)や『忘れな草』(サイゾー)といった作品もそうなんですが、実体験をもとに、一人の男がヤクザになる前と、ヤクザになった時と、ヤクザをやめた後の人生を軸に物語を書くことが多いんです。ヤクザものだけど、抗争を中心にした切った張ったの暴力的な世界を書きたいわけじゃない。ひとりの人間であるアウトローのリアルな姿や心情を書きたいのですが、『ヤクザと家族』もまさにそんな作品やったんで驚いたし、喜んで製作に協力させてもらいました。

「見たことないヤクザ映画を撮ろうと決めてました」(藤井)

――物語を簡単に説明すると、綾野剛演じる主人公の山本が不良少年時代に、舘ひろし演じるヤクザの親分・柴咲に救われたことで、親子の盃を交わすことになる。実父を失い、孤独になった山本は、ヤクザになることで新しい家族(親分や兄弟)を持つことができ、そんな組織のために体を懸ける。一方で山本はある女性を愛し、彼女に本当の家族像を求める。ただ、現代社会の中で、ヤクザであり続けること、ヤクザが家族を持つことの困難さを突きつけられる――山本の半生を縦軸に、敵対組織との争いやヤクザ組織の衰退、新時代のアウトローの勃興、警察の腐敗、そして家族との関係など、多くの要素が絡み合っていく。ヤクザ映画と聞いて想像する、抗争や犯罪、任侠道などを中心に描かれているような作品とはまったく違うようですね。

藤井 見たことないヤクザ映画を撮ろうっていうのだけは決めていました。古くは『仁義なき戦い』から近年は『孤狼の血』とか、ヤクザ映画には、古典や名作もたくさんある中で、そこに肩を並べたいという思いで作ったのではなくて、今の時代を映す時にヤクザを主題にしたら観客にどう届くんだろうっていうところに挑んでみたかった。

沖田 これまでのヤクザ映画の多くは「争い」「暴力」を中心に描かれているけど、今回の作品は「社会」「生活」に焦点が当たっている。それがとてもリアル。今のヤクザをここまでリアルに描いているのは、ほかにはないでしょうね。暴力団対策法に続き、暴力団排除条例が施行されて、ヤクザへの締め付けが強くなって、組織運営もままならなくなっていく。シノギが減って、組員も減って、それでも若い子たちはまだ比較的カタギに戻りやすいけど、長くヤクザの世界にいた年輩者は、ほかに行くところもなく、ズルズルと組織に身を置きつつ、アルバイト的な小銭稼ぎをしている。しかも、そんな彼らの家族も、社会の中で厳しい扱いを受ける。見ていて、自分に置き換えてしまったりして、胸が苦しくなりました(苦笑)。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ