レスリング協会、内紛再び…不可解な補助金不正流用の告発、大臣経験者の策略が取り沙汰の画像1
レスリング協会の高田専務(中央)と福田会長(右)

 突然、昔の話を持ち出して特定人物を攻撃する。奸計を企む輩の常套手段でもある。

 これがレスリング界で顕著だったのが、五輪4連覇のヒロイン伊調馨選手に対する、日本レスリング協会元強化本部長、栄和人氏による「パワハラ騒動」だ。「伊調選手の出入りを禁じさせ練習をさせないようにした」など、栄氏に対する告発内容の核心部分は第三者委員会で完全に否定された。しかし伊調、吉田沙保里はじめ多くの五輪メダリストや世界チャンピオンを育て、お茶の間でも人気だったヒーローの転落話はおもしろい。「週刊文春」(文藝春秋)を筆頭に「バッシング」を続けたメディアとしては、「否定」ではおもしろくない。そこで第三者委員会で一部認められた「お前、よく俺の前でできるな」と伊調に栄氏が言った発言が、針小棒大に報じられた。告発の内容はすべて10年近く前の話だった。

 伊調自身も「告発に関わっていない」とコメントした不自然な告発の背景に、東京五輪を前に栄氏が監督を務めていた至学館大学からヘゲモニーを奪いたい日本体育大学の松浪健四郎理事長らの策動があった。筆者はこの告発や報道(とりわけフジテレビ)の理不尽を世に問うた。(詳細は『令和日本のタブー』<宝島社>)。だが実態がどうあれ、告発側はメディアを使って世間にネガティブイメージを印象づければ十分だった。 

 レスリング界で今、この「昔話作戦」が蠢く。「週刊新潮」(新潮社/8月27日秋初月増大号)でやり玉に挙がったのは、栄氏ではなく同協会の高田裕司専務理事(66)である。1976年のモントリオール五輪で金メダル。連覇確実と見られたモスクワ五輪は日本がボイコットし、柔道の山下泰裕氏(現日本オリンピック協会<JOC>会長)らと泣いて悔しさを訴えた元天才レスラーだ。

JOCへの告発状

 記事中の匿名告発者で4月にJOCに告発状を送ったのは、関東地方の高校でレスリングを指導するA氏だ。全日本のジュニアコーチなども務め、指導者として評価は高い。

 告発の内容をかいつまむと、国の補助金からJOCが委託する専任コーチへ謝礼金が払われていたが、協会は2012年頃まで、その謝礼金の一部を毎年、専任コーチからの寄付というかたちで協会に納めさせていた。寄付を強制していたのが高田専務で、集めた金を強化費など公的な目的でなく私的に流用していたというもの。具体的な証拠として「自分が振り込んだ通帳の開示」を挙げており、銀行名や支店、口座番号も載せている。A氏はJOCに対して以下のように主張している。

「他のコーチたちは、お金を渡さないと今の役職から降ろされてしまうのではないかという恐怖心から振り込みをしたとも聞いています」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ