NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

不眠でも安易な睡眠薬の服用は危険…木下博勝医師が教えるタイプ別・年齢別対処法

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , ,

不眠でも安易な睡眠薬の服用は危険…木下博勝医師が教えるタイプ別・年齢別対処法の画像1
「Getty Images」より

 国民の20%が抱えるともいわれる不眠。睡眠薬を服用する人も少なくないが、実は不眠にはいくつかのタイプがあり、そのタイプごとに対処法も異なる。

 YouTubeチャンネルジャガー横田ファミリーチャンネル『木下博勝のメディカルPlus』」を開設し、さまざまな健康テーマを取り上げ発信している医師の木下博勝氏に、不眠症との向き合い方について話を聞いた。

「『眠れない』と悩み、病院を受診する患者さんが多くいます。しかし、不眠といっても、寝つけないのか、途中で起きてしまうのかなど、タイプによって4つに分けられます」(木下氏、以下同)

不眠症の4つのタイプ
・入眠困難:寝つくのに30分以上かかる
・中途覚醒:夜中に繰り返し目が覚め、再び寝つくのに時間がかかる
・早朝覚醒:起きる意思がないのに、早朝に目が覚める
・熟眠障害:一晩眠っても疲労感が残る

 木下氏は診察する際、不眠という訴えを聞いても、すぐに上記のタイプに照合することはないという。

「不眠だからすぐに睡眠薬を処方するというのではなく、診察では生活習慣をよく伺って、本当に不眠なのかどうかを見極めます。なかにはちゃんと睡眠は取れていても、不眠と思い込んでいるケースもあります」

 診察の際、必ず聞く項目があるという。睡眠について悩みがある方は、是非チェックしてほしい。

(1)就寝時間と起床時間
「『20時に就寝し朝4時に目が覚めるため眠れない』と悩む患者さんもいましたが、8時間の睡眠が取れていますので不眠ではありません」

(2)就寝後目が覚める場合は、何時ごろ、何回か
「就寝中に目が覚めることを中途覚醒といいますが、実はほかの病気が原因となっている場合もあります。また、中途覚醒したあと再度、寝つくことができないという人もいます」

(3)熟睡できているか
「熟眠度、満足度は個人差がありますが、十分な睡眠時間が取れていても満足度が低い場合は、眠りが浅いということも考えられます」

不眠の医学的原因

 不眠の陰に医学的原因が隠れていることがあり、不眠を軽視してはいけない。木下氏は、“5つのP”と呼ばれる医学的原因を考慮し、診察するという。

(1)Physical(身体的要因)
心不全、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など

(2)Physiological(生理学的要因)
勤務時間が不規則、騒音など

(3)Psychological(心理学的要因)
ストレスや不安など

(4)Psychiatric(精神医学的要因)
うつ病、統合失調症、薬物依存など

(5)Pharmacological(薬理学的要因)
アルコール、カフェイン、ステロイド