NEW

元芸人、給付金の不正受給に加担か…LINEで「必ず100万もらえる」と芸人たちを勧誘

文=さんきゅう倉田/元国税局職員、お笑い芸人
元芸人、給付金の不正受給に加担か…LINEで「必ず100万もらえる」と芸人たちを勧誘の画像1
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きなことわざは「統括も調査の誤り」です。

 今年は新型コロナウイルスに関連して、さまざまな助成金や給付金、無担保融資が実施されました。多くは法人や個人事業者のためのものでしたが、会社員であっても「雇用調整助成金」などの恩恵を受けているかと思います。

 事業者の逼迫した状況は、個人事業者であるぼくもよくわかります。売上が大きく下がって事業継続が困難になっても、行政の支援で助かる方が大勢います。だから、要件の異なる女性や補助が複数実施されて、とても感謝しています。これらが自分だけでなく、困窮している事業者の方々に行き渡ることを願っています。

 もっとも簡単で新しい給付金は「持続化給付金」で、これは既存の制度ではなく、コロナウイルスの蔓延によって創設された新制度です。突貫工事であることが容易にわかる制度設計でしたが、複数回の改善によって2020年から事業を開始した人などにも対応し、とても良いものになったと思います。

 しかし、制度黎明期であることにつけ込んで、不正を行う輩が大勢います。12月6日の報道時点で、64億3700万円の給付金の返還があったことが明らかになっています。最低でも延べ6437人が詐欺に加担している計算になります。確定申告に詳しい人間であれば容易に不正を行える制度であったため、税理士や公務員の不正も目立ちました。

 逮捕者は連日公表されています。逮捕者の実名が報道され、不正受給の認識がなかった若者などが返還や相談を行ったことで、不正の中心人物が次々と逮捕されたのかもしれません。

 もし、この記事をご覧の方で、個人事業者でもないのに、誰かに話を持ちかけられて持続化給付金を受給した方は、必ず制度の窓口などにご相談ください。

芸人に対しLINEで行われる不正受給の勧誘

 実は、元芸人が不正受給に加担しているらしいとの話を、同期の芸人から聞きました。元芸人は、LINEグループで「持続化給付金の手続きを知り合いがやってくれるねん。必ず100万もらえるみたいやで。ただ、20%の手数料はもらうけど」といった勧誘を行っていたそうです。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合