NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

共働き夫婦より年金が160万円も少ない?50代独身、老後に迎えるお金のシビアな現実

文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

共働き夫婦より年金が160万円も少ない?50代独身、老後に迎えるお金のシビアな現実の画像1
「Getty Images」より

シングルで50代を迎える人たちが増えている

 東京でFPとして20年以上、個人の方のお金の相談を受けているが、ここ数年実感しているのは、シングルの方の相談が増えたということだ。40代、50代、60代の方。配偶者と死別した方、離婚した方もあるが、いちばん多いのは未婚の人だ。

 日本では(世界の各国でも)、結婚しない人が増えている。だいぶ古いデータだが、2015年の「50歳時未婚率」は男性が23%、女性が14%。当時の予測では、2020年は男性27%、女性18%だったけれど、コロナ騒ぎでもっと増えているかもしれない。

共働き夫婦より年金が160万円も少ない?50代独身、老後に迎えるお金のシビアな現実の画像3
グラフ:生涯未婚率(50歳時未婚率)の推移 2020年以降は予測 厚生労働省のウェブサイトより

 この予想どおりなら、2020年全体では4人にひとりくらい(23%)が結婚しない社会になっている。ここに離婚した人、死別した人を加えると、シングルで50代以降を過ごす人はもっと多い。3人に1人以上かもしれない。

 これまで、「退職後のお金」「老後のお金」というとカップル単位で語られることが多かったが、シングルで老後を迎えることが普通になり、そのことを考える時代になったということだ。シングルは、カップルの場合とお金の事情が変わってくる。シングルで迎える老後を考えていこう。

ねんきん定期便で自分の年金を確認しよう

 老後のお金の柱は公的年金だ。自分がいくらもらえそうかを見通さないことには、現実的な老後のプランは立てられない。あなたは「ねんきん定期便」をきちんと見ているだろうか。毎年、誕生月に送られてくる。49歳までは、これまでの加入履歴、いくら保険料を納めているかという情報しか載っていないが、50歳以降はなんと「老齢年金の種類と見込み額」が書いてある。

 今の条件(仕事や収入)が60歳まで続いたらこうなりますよ、という予想の数字で、確定した金額じゃない。でも、自分が何歳からいくらぐらい受け取れるか、この数字でイメージがつかめるはず。

共働き夫婦より年金が160万円も少ない?50代独身、老後に迎えるお金のシビアな現実の画像2
50歳以降は、「3、老齢年金の種類と見込額」の欄に、何歳からいくらの年金がもらえそうか、の具体的な数字が記載されて送られてくる。要確認!
共働き夫婦より年金が160万円も少ない?50代独身、老後に迎えるお金のシビアな現実の画像5
『50代のいま、やっておくべきお金のこと 新版』(中村芳子/ダイヤモンド社)

 今までちゃんと見てなかった人は、引っ張り出してきてよく見てほしい。ねんきん定期便は老後資金のプランづくりになくてはならない資料だ。なくした人は再発行してもらえる。「ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号」0570-058-555 に問い合わせよう。

 年金がいくらぐらいもらえるか。会社員と自営業者で違う。会社員でも現役時代の給料によって違う。自営業者で国民年金だけに加入していた人は、シンプル。40年の全期間保険料を払えば、年78万円だ。

 会社員の場合、大ざっぱに言うと現役時代の平均手取り収入の40%の年金を受け取る。手取り年収とは、額面の税込金額から税金と社会保険料を差し引いた額のこと。手取り年収が500万円だったら年金額は約200万円、400万円だったら約160万円というイメージだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合