NEW

GU“破滅的にダサい”着ると危険な商品5品…ローゲージブークレセーター、シェフパンツ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
GU“破滅的にダサい”着ると危険な商品5品…ローゲージブークレセーター、シェフパンツの画像1
GUの店舗(「wikipedia」より/わたらせみずほ)

 2006年に「ユニクロ」の兄弟ブランドとして誕生した「GU」は、436店(2020年8月31日現在)の店舗を有するほどにまで成長しており、ユニクロとの差別化に成功したといっていいだろう。ファッションと低価格を両立させるという基本スタンスを取るGUは、ユニクロよりもリーズナブルな価格帯を打ち出しつつ、ベーシックデザインが多いユニクロとは異なり、積極的にトレンドのデザインを取り入れている。

 また、今年10月にはGUらしくファッション性に富んだオリジナルのマスクも販売開始。ユニクロの「エアリズムマスク」よりもカラーやパターンのバリエーションを充実させている。独自の素材で高機能フィルターを挟んだ3層構造を採用し、ウイルスの侵入を防ぐ高機能性も備えているという。

 さて、そんなGUだがトレンドを取り入れた服が多いため、着こなしが難しいアイテムや、10代後半~20代前半でないと似合わないアイテムも多い。

 そこで今回はGUの冬アイテムで、おすすめできない服をセレクト。「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この冬、買ってはいけないGUの服5選」をリストアップし、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、おすすめできない理由を解説していただいた。

 今回、以下の3つを基準として選定した。

・ファッションビギナーが着るとダサくなる可能性が高いこと

・“最先端のおしゃれ”すぎて一般ウケしない場合があること

・無理に若ぶっているように見えるなどして女子ウケが悪いこと

ローゲージブークレセーター(長袖)/1990円(税別、以下同)

 粗い編み目のローゲージセーター。「ブークレ」とは表面に糸のループが出るように加工された生地のことで、優しい雰囲気を醸し出したトップスとなっている。カラーバリエーション(カラバリ)はブラック、ブラウン、ダークパープルの3色展開。

「『買ってはいけない』のはカラバリのなかのダークパープルです。10代~20代前半の中性的なタイプの男性なら着こなせると思いますが、大人男性が着るには、ちょっとフェミニンなテイストが出すぎていますね。ブラックとブラウンは買ってもいいかもしれませんが、やはりどちらかというと若者向けのトップスなので、注意しましょう」(堺屋氏)

ビッグスウェットシャツDemon Slayer +E/1490円(値下げ後価格)

 社会現象化しているアニメ『鬼滅の刃』とのコラボレートシリーズのスウェットシャツで、こちらは胸元に「鬼滅」という刺繍があしらわれている。カラバリはホワイト(刺繍文字はブラック)、ブラック(刺繍文字はホワイト)の2色展開。

「大前提として、作品としての『鬼滅の刃』がダサいとかおもしろくないと言うつもりは一切なく、とてもおもしろい作品だと思っています。ただ、このスウェットのGUのデザインセンスは壊滅的にヤバいのではないでしょうか。刺繍をあしらったシンプルなデザインなのはいいですが、胸の中央にドーンと『鬼滅』とあしらうのはいかがなものか……。ちなみに別のバリエーションでは、主人公・竈門炭治郎と仲間の我妻善逸、嘴平伊之助の3人が胸元にプリントされているものもありますが、こちらもデザイン的にダサいので『買ってはいけない』アイテムですね」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合