NEW

東進カリスマ講師・西きょうじ氏、元教え子と不倫・妊娠・中絶費用提供…ものすごい性格

文=編集部
東進カリスマ講師・西きょうじ氏、元教え子と不倫・妊娠・中絶費用提供…ものすごい性格の画像1
西きょうじ氏のTwitterアカウントより

 人気カリスマ予備校講師の“信じられない非道”が報じられた――。

 大学共通テスト(16・17日)を目前に控え多くの受験生たちが最後の追い込みに励むなか、大手予備校・東進ハイスクールの人気英語講師、西きょうじ氏のスキャンダルが飛び出した。8日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)によれば、西氏は元教え子と不倫して妊娠させ、中絶を迫り、その費用として50万円を渡したという。西氏は「フライデー」の取材に対し、金銭を渡したことは認める一方、堕胎を迫ったことは否定している。

 西氏といえば2017年にも「週刊文春」(文藝春秋)で教え子との不倫が報じられているが、大手予備校関係者はいう。

「数年前の不倫スキャンダルで東進をクビになったものだとばかり思っていましたが、まだ在籍していたことに驚きました。西先生は代々木ゼミナールで長きにわたり東大や京大の試験対策講座を持つ看板講師でしたが、5年ほど前に東進に移籍し、業界内では話題になりました。代ゼミ全盛期の1990年代には400人以上入る教室を毎回満席にするほどの人気で、年収は軽く1億円を超えていたとみられます。先代の理事長の死去に伴い息子に代替わりした頃から経営が悪化したことで講師の給与も下がり、西先生以外にも代ゼミから複数の講師が東進に移籍しています」

 そんな西氏とは、どんな講師なのだろうか。

「私がいた90年代の代ゼミは個性的な講師が多く、生徒のモチベーションを上げるために授業中に人生訓的な話や下ネタなども交えた笑えるエピソードトークをしたり、パフォーマンスし放題で、良い意味で“予備校文化”が残っていました。西先生と同じく英語担当のカリスマ講師、西谷昇二先生なんか、ベルサーチのスーツを着て、教室内でロケット花火を飛ばしたり、天井をガンガン殴りながら『アンパンマン』のテーマ曲を歌ったりしていたのが懐かしいですね。

 西先生も授業中にいろんな話をしてくれましたが、今考えると自慢話が多く、代ゼミの他の講師のテクニックを名指しで批判したり、“代ゼミ講師のなかで英語の実力は自分が一番”などと言っていましたね」(西氏の授業を受講したことがある元生徒)

 当サイトはそんな西氏の素顔について、2017年11月1日付記事『教え子と不倫発覚の東進ハイスクール・カリスマ講師、「汚れた本性」を元生徒たちが暴露』で報じていたが、以下に再掲載する。

――以下、再掲載――

 1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、大手予備校・東進ハイスクールの人気英語講師・西きょうじ氏が元教え子の女性と不倫関係にあったと報じた。「文春」記事によれば、西氏はこの女性に妻と離婚する意思があると告げつつ肉体関係を迫り、避妊せずに行為に及んだという。予備校業界に詳しいジャーナリストは語る。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合