NEW
草野かおる「災害に備える!」

冬の停電で死なないための予防策…電気復旧後の給湯器故障や通電火災にも要注意

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】

, ,

冬の停電で死なないための予防策…電気復旧後の給湯器故障や通電火災にも要注意の画像1

 南岸低気圧の影響により、今夜(23日)から明日(24日)にかけて東京都を含めた関東甲信で大雪・積雪となる予報が伝えられている。国土交通省は車の立ち往生や公共交通機関の乱れなどへの警戒を呼び掛けているが、停電の恐れも指摘されている。そこで今回は、イラストレーター・防災士の草野かおる氏の解説を掲載する。

「とにかく寒くて、風の音、雪が家を打つ音、ときどき何かがぶつかる音、街中も家の中も真っ暗で、やたら救急車の音が聞こえきて、怖かった~」

 秋田在住の友人が停電を経験した感想です。今年の1月7日、秋田県内で約4万戸以上、新潟県内で1万戸という、大規模停電が発生しました。原因は、急速に発達した台風なみの爆弾低気圧による電線の断線です。友人は仏壇のろうそくを灯し、カセットコンロでの食事で暖をとって過ごしました。

冬の停電で死なないための予防策…電気復旧後の給湯器故障や通電火災にも要注意の画像2

 電気は、生活の隅々まで使われています。エアコンや電気コタツはもちろん、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターも、電気を使ったシステムなので使えません。マンションであれば、水道を屋上まで上げるポンプが稼働せず、断水になります。炊飯器、電子レンジ、IHならコンロも使用できません。

 冷蔵庫が使えないということは、中の食品がダメになるということです。テレビが見られなくなり、携帯電話の電池切れで情報収集ができない状況になります。黒電話以外の家電話も使えません。給湯器も電気を使うシステムがほとんどなので、お湯も出ず、お風呂にも入れません。

冬の停電で死なないための予防策…電気復旧後の給湯器故障や通電火災にも要注意の画像3

 電力会社の努力もあり、数日後には電気は復旧しました。しかし、電気が復旧しても、給湯機器が故障していて、お湯が出ないという事態に。故障の背景にあったのは「停電」と「凍結」という2つの要因でした。

 寒冷地で使われている給湯器やボイラーには、凍結防止機能が備え付けられています。それが、長時間の停電により作動できず、配管が凍結し、破損、故障につながりました。高価な機械まるごと取り替えが必要になったケースもあります。同じような故障は多数発生し、修理会社では問い合わせの電話が鳴り止まなかったそうです。

 給湯器やボイラーの凍結の予防策は、あるのでしょうか。

・配管を保温材で保護する。

・配管や設備を、風や冷気が当たらないように段ボールなどで覆う。

・事前に給湯器の水抜きを行うことで、凍結破損を防ぐ。

 いずれも、機種によって予防策は異なってきます。詳しくはメーカーや販売店でご相談ください。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合