藤井聡太、全敗だった天敵・豊島将之に初勝利…86手目「8六歩」“絶妙の好手”を追うの画像1
藤井聡太二冠

 7戦目にして初勝利――。

 藤井聡太(18)が1月17日に名古屋市の名古屋国際会議場で行われた「朝日杯将棋オープン戦」本戦の準々決勝で、最も苦手としていた豊島将之二冠(30/竜王、叡王)に勝ち、2月11日に東京で渡辺明三冠(36/名人、王将、棋王)と対戦する準決勝(同日に決勝)にコマを進めた。

 藤井はプロ入り後、豊島には公式戦で6連敗し、1勝もしていなかった。現在、藤井と公式戦で3戦以上の対局をして勝ち越している棋士には、久保利明九段、大橋貴洸六段、佐々木大地五段がいるが、豊島は「最大の天敵」だった。

 2017年、18年と藤井が連覇した朝日杯は観客を入れての公開対局だ。「藤井が苦手の豊島に勝てるか」ということで、コロナ禍にもかかわらずファンが駆け付けた「7度目の対決」は、期待通りの熱戦となった。同杯は持ち時間が一人40分と短く、使い切れば一手を1分以内に指さなくてはならない「1分将棋」になる。

 豊島が先手番。序盤に角交換し、豊島がよく見かける「腰掛銀」で様子を見たのに対し、藤井は3筋と4筋(後手なので6筋と7筋)で積極的に銀を前進させる「早繰り銀」という、豊島も予期していなかった急戦に持ち込んだ。難しい将棋は、徐々に豊島が優勢になっていたようにも見えた。

 先に時間を消費してしまったのは藤井。その時点で豊島は9分残していた。この差は大きい。時計係の秒読み「……50秒、1、2、3、4、5、6、7、8」に藤井ファンはハラハラさせられる。10まで読み上げられたら敗北だ。実はプロの棋士でもたまにあり、ひふみんこと加藤一二三九段(引退)は現役時代、何度かこの「ポカ」をやっていたそうだ。

 ちなみに日本将棋連盟の規則では、秒読みに追われて慌てて指そうとして万が一、駒を落としてしまったら、指で盤面部分を押さえ、指す手を口頭ですぐに伝えれば時間内に指したとみなされる。

「相手がやったことも自分がやったこともありますが、やはり相手が認めてくれなくては駄目ですね」(今泉健司五段)

無意識に妙手を放つ

 この対局、藤井が「9」まで読まれて角で王手した場面もあった。慌てたわけではないだろうが、あまりよい手ではなかったとみられる。だがその後、藤井が86手目に放った「8六歩」の攻めが絶妙の好手となりその後、94手目で豊島が投了した。

 局後、藤井は「今まで6局やって勝てていなかったので、ホッとした気持ちはあります。しっかり集中して良い将棋をお見せできるようにしたいと思います」「強い相手と対局できるのはすごく楽しいことなので、過去の成績というのは忘れて一生懸命指そうと思っていました」などと語った。敗れた豊島は「序盤に失敗してしまって中盤あたりで難しくなったような気もしたんですけど、最後のほうに何かチャンスがあったのかもしれないですけど、ちょっとわからなかったです。8六歩がいい手でしたね」などと相手を称えた。棋士が対局後に、相手の一手を具体的に取り上げて褒めるのも珍しい。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合