NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【検証・森批判報道2】

森喜朗氏、がん闘病でも無報酬で五輪に奔走…報じられない多数の功績、小池都知事の尻拭い

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
森喜朗氏、がん闘病でも無報酬で五輪に奔走…報じられない多数の功績、小池都知事の尻拭いの画像1
東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の公式サイトより

 森喜朗氏は誠に気の毒な人である。「失言」問題が原因で12日、7年間も無報酬で務めた東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の会長職辞任を表明せざるをえなくなった。本サイトで森氏の擁護論を圧倒的少数ながら展開したが、今回も明らかな偏向報道を受け、辞任に追い込まれたことに筆者は強い怒りと危惧を覚える。

森氏、発言「女性蔑視の意図ない」

「私の不適切な発言が、混乱をきたしてしまいました。多くの皆様がたに大変ご迷惑をおかけしました」―。森氏は12日午後の組織委の緊急会合の冒頭でこう謝罪し、会長職の辞任を表明した。その上で、以下のように続けた。

「会長である私が余計なことを申し上げた。これは解釈の仕方だと思いますが、私はそういう意図でものを言ったんじゃないんだが、多少意図的な報道があったんだと思いますが、女性蔑視なんてことを言われまして。私が組織委員会に入ってから、女性の皆様をたたえてまいりましたし、男性よりも女性の皆様に発言してもらえるように絶えず進めてまいりました」

 問題となった「女性がいる理事会は時間がかかる」という旨の発言について、最後までこう反論したわけだが、これについて筆者は前回、「昭和センスのリップサービス」であると指摘した。森氏がフリーハンドでの発言で、目の前の日本オリンピック委員会(JOC)女性理事を持ち上げるために持ち前のサービス精神を発揮してしまったのであって、森氏の「女性蔑視の意図はなかった」という考えに筆者は同意する。

 確かに表現は現代のジェンダー感覚からすれば不適切であるが、森⽒は83歳の戦前⽣まれの“ジイサン”であり、それを完全に理解することは不可能だろう。これは森⽒に限らず、この年代の⾼齢男性に多かれ少なかれ⾔えることだと思うが、森氏は発言について謝罪しており、それ以上どうしようもない(そもそもジェンダー感覚に欠ける高齢男性が嫌なら、はじめから40代くらいの若手をトップに据えればよいと思うが、それについては後述する)。森氏の「失言」癖がこれ以上出ないようにするためには、今後は徹底的に事務方が作成した原稿を朗読させフリーハンドでの発言機会をなくすなどの対策をすれば済む話である。

 こう話すと、「発言は発言だからダメ」「無意識で思っているから、そういう本音が出る」というような反論があるかと思う。しかし、ある発言が差別や蔑視、ハラスメントにあたるかを考えるときに、発言の「文脈」「背景」、発話者の「意図」「真意」「実際の行動・実績」が総合的に判断されなければならない。誰だって自分の録音された発言が、都合よく編集され、メディアによって「真実」としてまかり通るのは勘弁願いたいだろう。森氏は首相経験者で著名人のため被害が目立つが、一般社会でも職場でも十分起こりえるため、誰にとっても他人事ではない。

森氏は五輪の精神に忠実

 では今回の失言問題を総合的に判断する上で、十分な検討がなされたかというと、非常に疑わしい。発言自体についての筆者の見解はすでに述べたので、実績について取り上げていく。森氏の組織委会長就任への経緯や対応した諸問題、覚悟などについて書かれた『遺書』(幻冬舎)も参考にしながら、話を進めたい。

 森氏は12年の会長就任時に「ほかに誰もいないから」と政財界から推され就任し、7年間、がん治療しながら無報酬で会長職を務めてきた。会長在籍時の主な実績としては以下がある。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合