東京23区に新たな地下鉄が誕生か?有楽町線延伸で豊洲と住吉を結ぶ「豊住線」構想とはの画像1
江東区土木部地下鉄8号線事業推進担当課長の小林秀樹氏

 東京23区内に新たな地下鉄の構想があることをご存じだろうか。東京メトロの有楽町線豊洲駅と半蔵門線住吉駅を、東西線東陽町駅を経由して南北につなぐ「豊住線」と呼ばれる計画だ。実現すれば、東京東部の交通利便性が向上することになるが、その前にはクリアすべき課題もある。

「今が実現のチャンス」と訴える、江東区土木部地下鉄8号線事業推進担当課長の小林秀樹氏に話を聞いた。

東京メトロの完全民営化が前提に

――まず、有楽町線の延伸構想について教えてください。

小林秀樹氏(以下、小林) 有楽町線豊洲駅と半蔵門線住吉駅を結ぶことで、東京東部に優れた南北交通軸を形成するというものです。全長約5.2kmで、豊洲駅と東西線東陽町駅の間、東陽町駅と住吉駅の間に、それぞれ新駅を設けます。実現すれば、住吉駅から豊洲駅まで乗り換えなしの9分で移動できるようになります。

東京23区に新たな地下鉄が誕生か?有楽町線延伸で豊洲と住吉を結ぶ「豊住線」構想とはの画像2
東京地下鉄8号線の延伸ルート(出典:江東区パンフレット)

――現在の進捗状況はいかがでしょうか。

小林 豊洲市場を開場する際、東京都は江東区に対して「安全・安心」「賑わいの継続」「交通対策」の3点を配慮することを約束しました。その交通対策のひとつとして、地下鉄8号線(有楽町線)の延伸があります。東京都は2018年度中を目途に「地下鉄8号線延伸のための事業スキームの構築に取り組んでいく」との方針を示しましたが、今も事業スキームは示されていません。

 また、東京都は19年3月には「東京メトロによる整備、運行が合理的」との姿勢を示しました。現在、東京メトロの株式は国と東京都が保有していますが、売却により完全民営化を目指しています。計画の具体化には、まずは、そうした課題をクリアすることが大事であると考えます。山﨑孝明江東区長も、小池百合子都知事に対して「8号線延伸は、江東区民長年の悲願である」と強く訴えています。

東京23区に新たな地下鉄が誕生か?有楽町線延伸で豊洲と住吉を結ぶ「豊住線」構想とはの画像3
東京地下鉄8号線延伸が実現した際の豊洲駅と住吉駅のホーム(出典:江東区パンフレット)

――国の動きについてはいかがでしょうか。

小林 国土交通省は、交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会に「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等に関する小委員会」を新設し、1月22日に初会合が行われました。東京都もオブザーバーとして参加しているので、今後も「東京メトロによる整備、運行が合理的」との姿勢で前向きに進めていただきたいと思っています。

 この小委員会のポイントは、東京メトロの株式売却をめぐり、8号線の延伸建設を含めた地下鉄ネットワークの議論が浮上しているところです。夏に答申がまとめられる予定で、その内容によっては8号線延伸構想が一気に進む可能性があり、期待しています。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合