ニトリ、購入者から不満が多い商品5選…設置が難しい突っ張り棚、吸水性が劣悪なタオルの画像1
ニトリの店舗

 昨年12月25日時点で日本国内に563店舗展開しているニトリ。家具・インテリアメーカー大手ながら、生活雑貨や掃除・洗濯用品、衣服、家電とその商品ラインナップは多岐にわたる。

 ニトリの運営会社であるニトリホールディングスは、昨年12月29日にホームセンター業界大手の島忠へのTOB(株式公開買付け)が成立したと発表。昨年12月25日発表の2021年2月期第3四半期決算によれば、2020年2月21日~2020年11月20日の売上高は5401億4600万円と前年同期比12.2%も増加しており、ニトリの快進撃はまだまだ続きそうだ。

 そんなニトリで有名なのが、“お、ねだん以上”というキャッチコピー。実際に価格以上に優れたクオリティの商品が多く取り揃えられているのだが、一部にはその品質やコスパが利用者から問題視されるような商品も存在する。

「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は今回、ニトリ商品をリサーチし、数ある商品から「この春、買ってはいけないニトリ商品」を5つセレクト。あくまで調査班の独断によって選んだアイテムではあるものの、ニトリでの買い物で損をしないための参考として役立ててもらえれば幸いだ。

シリコーンエコラップ/508円(税込、以下同)

ニトリ、購入者から不満が多い商品5選…設置が難しい突っ張り棚、吸水性が劣悪なタオルの画像2

 近年では資源の無駄遣いを減らすことを目的として、消耗品に代わって繰り返し使うことができるような便利アイテムがいろいろと登場している。「シリコーンエコラップ」はその名の通り、洗って繰り返し使用できるラップなのだが、クオリティに対して不満の声が上がっている。

 この商品は直径22cmの大型と、直径16cmの小型の2枚組で、耐熱温度が180度、耐冷温度が-130度なので、電子レンジでの調理が可能、瓶のフタ開けなどにも活用できて、付属シートを使えば収納も簡単とアピールポイントが多い。だが、肝心のラップとしての性能に問題があるのだ。

 器などにピタッと貼りつけられると商品説明では謳われているのだが、使用者からは吸着力が弱いという感想が多く寄せられている。購入して使ってみたところ、最初はそれほど吸着力が弱いとは感じなかったのだが、2回、3回と使うたびにみるみる吸着性能が落ちていくのを実感した。環境問題という観点からいえば、この商品は素晴らしいのだろうが、価格を考えると普通のラップを使用したほうが経済的にはお得かもしれない。

ポールスライド棚(P63-93)/599円

ニトリ、購入者から不満が多い商品5選…設置が難しい突っ張り棚、吸水性が劣悪なタオルの画像3

 新居へ引っ越して暮らし始めてみると、思っていた以上に収納場所が必要になった、という経験はないだろうか。部屋のデッドスペースを活用して収納場所をつくることができる「突っ張り棚」は非常に便利で、ニトリでもさまざまな種類が販売されているが、「ポールスライド棚(P63-93)」は少々注意が必要なアイテムだ。

 この棚は奥行約23.5cmのスリムサイズで、取り付け可能な幅は約63~93cm。全体耐荷重は約10kgのため小物を置くのに打ってつけで、工具を一切使用せずに取りつけられると、クオリティの高さやコスパの優秀さを評価する声は少なくない。

 その一方で設置の難易度、特にひとりで取り付けるという場合はかなり難しいという指摘も見受けられる。実際に設置に挑戦してみたが、調整パイプを引き出してネジで長さを固定する作業を、ひとりでは片手で長さをキープしながらネジを締めることになるため、うまく締めることができず、苦労することとなった。購入を検討する際は場所だけでなく、設置の難易度についても頭に入れておくべきだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合