NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

Vプリカ支払い、電話番号を要求…活況の恋活・婚活アプリ、巧妙な詐欺の被害多発

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

Vプリカ支払い、電話番号を要求…活況の恋活・婚活アプリ、巧妙な詐欺の被害多発の画像1
※イメージ画像です(「gettyimages」より)

 春は出会いの季節である。新型コロナウイルス感染拡大で、出会い系アプリによる恋活、婚活も従来より格段に市民権を得た。ところが、その流れにつけ込む詐欺が横行し、巧妙な手口で男性をだまし金銭を巻き上げる被害が多発しているという。

婚活アプリ最大手で詐欺アカウントが跋扈

「まさか最大手の恋活・婚活アプリで詐欺アカウントが入り込んでいるなんて思いませんでした」――。こう肩を落とすのは、国内最大級の恋活・婚活マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」を利用して詐欺被害にあった会社員男性の八木裕さん(仮名、33)。今後の被害防止につながればと筆者に情報提供してくれた。以下、具体的な手口についてみていこう。

 ペアーズは2012年にサービスを開始し、今や1000万⼈以上のユーザーがいるとされる。自分の写真やプロフィール、年収などを登録し、相手の異性とマッチングすればメッセージ交換でき、デートなどができるという仕組みだ。八木さんも昨年から登録し、婚活にいそしんでいたという。以下は八木氏の弁。

「ある日、アプリを利用していたところ、22歳の彩子という女性のプロフィールが目に留まりました。台湾からの留学生と書いてあり、LINEのIDが直接書いてありました。写真がすごく可愛かったので、好意を示す『いいね!』ボタンを押した後、待ちきれなくなって、そのIDを直接登録したのです。そうしたら、10分くらいでLINEで、『コロナで台湾に帰るに帰れないし、アルバイトもない。何とか援助してくださいませんか』という旨の片言の日本語で書かれたメッセージが来た。その後、水着や下着姿の写真も送ってくるようになり、私もついつい会うことに応じ、彼女が送ってきた住所のマンションの前まで行ってしまった」

足の付かないネット専用プリペイドカードでの支払いと電話番号を要求

 その後、途端に彩子は詐欺師の本性を現す。マンションについた八木さんがLINEでメッセージを送ると、「現金での支払いは逮捕、強制送還か200万円の罰金を払わないといけない。私の友達もそれで逮捕されたから、安心のためにネット専用プリペイドカード『Vプリカ』で支払ってほしい」との返事。このVプリカはコンビニなどで購入でき、ネットショッピングでのみ利用できるもの。身分証なしでも手軽に購入できるのがメリットだが、詐欺犯が現金をロンダリングする手段として使用するなど近年は犯罪利用が問題視されている。

 この彩子の提案を八木さんも疑問に思い、とにかく直接会ってほしいと要望したが、「私はただの女子大生だから怖い」と頑なに会おうとせず、「とにかく1万円を払ってくれれば信頼する」とつれない返事。以下は再び八木さん。

「まあ、1万円くらいならいいかと軽い気持ちで購入し、Vプリカの番号を写メで送りました。この番号を会員サイトに打ち込めば、購入した金額分がネットで使用できるのですが、その後で彼女は『警察とか友達に暴力を振るった人じゃないか確認したいから、電話番号を教えてほしい』と言ってきた。さすがに電話番号は怖いので断ったところ、『私の友達はおかしな客が暴れて大怪我をした。犯人は捕まっていない。電話番号が無理なら保証金2万円を先に払ってもらって、後から部屋に来た時に現金で返す』と言ってきた。現金が手元にあることを示すために1万円札2枚が写った写真を送ってくる念の入りようです。さすがにこれは私もおかしいと思い、その日はもう帰ることにしました」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合