NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

東日本大震災から10年目、遺族は生保会社社員からの一言で、死亡保険金請求をした

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

東日本大震災から10年目、遺族は生保会社社員からの一言で、死亡保険金請求をしたの画像1
全国から集まった応援物資

 壊滅した釜石市鵜住居(うのすまい)で、津波から九死に一生を得たジブラルタ生命の小原和子さんは、道路が寸断され、立ち往生します。大火も迫り、脱出を決意、車で走れる道を探したり、余震が続くなか、全線不通になった三陸鉄道の線路を危険と隣り合わせで歩き、やっと自宅に着いたのが地震発生から4日目でした。

 勤務先の営業所は全壊したことがわかり、当分、自宅待機となりました。携帯電話は約1週間後に復旧したので、仕事のやりとりは携帯でできるようになりましたが、お客様の安否は依然不明です。その確認をするのが保険担当者の役割となります。

 小原さんも高齢の一人暮らしの方の顔を思い浮かべては、寸断され、場所によってはガスも出ている道を命懸けで歩きながら、訪問を続けました。小原さんのお客様のなかでは、10名が死亡もしくは行方不明でした。震災直後は「毎日、いろんな感情を封じ込め、安否確認に打ち込むしかなかった。死亡保険金の請求手続きの第一号は元同僚で辛かったです。どうして暮らしていたか、記憶はあんまりないです」。

 犠牲になった一人に、震災直後にバスのなかから見かけたお客様のお子様もいました。お客様の自宅は高台にあったのですが、親族の家が沿岸部にあり、心配されたお客様の家族が子供とともにその家を訪問して、被害に遭われたのです。無情にも津波は親子を引き裂き、生後2カ月のお子様が亡くなりました。

「本当に可愛いお子様でした。お客様も誕生を本当に喜び、将来の子供のためにと、お客様は子供名義の保険に加入されました」

 小原さんは死亡保険金の請求のために訪問しなければならないのです。「どんな顔をして会えばいいのだろう。何を言えばいいのだろう」と思いながら、お客様の勤務先を訪問すると、ばったりお客様に出会いました。「このたびは……」というなり、あとの言葉が続きません。お客様も黙って下を向いています。口を切れば、涙が止まらなくなりそうでした。しばらく沈黙が流れます。「今日はこれで失礼します。改めてお伺いして、きちんとお手続きをさせていただきます」と言うのが精一杯でした。「プロ失格」と小原さんは思ったと言います。

 医療関係者や自衛隊員や救急隊員、警察関係者などは、時として自分の命を危機にさらしても目の前の命を助けることに全力を注ぎます。

「津波から助かった私の、プロとしての仕事は何かと考えました。泣いている場合ではない。保険金を早くきちんとお届けすること、その後もお客様に寄り添うこと」

 後日、先のお客様を訪問し、手続きを完了しました。後年、待望のお子様が誕生の際には、喜びを分かち合い、健やかな成長を祈って靴を贈り、大変喜んでいただいたそうです。

カレンダーと雑巾

 避難所を回りながら、何が不足しているのかを聞いて回ると、「震災直後は水とかガソリンという答えが多かった」と言います。

「『水やガソリンもうちには余分にあるから大丈夫よ』と言ってお渡ししましたが、実は我が家には余分な水もガソリンもなかったのです。恰好をつけて言ったのではなく、避難所にいる方は、家だけではなく自動車も流されている方が本当に多かったのです。普段でさえ車がないと買い物に不便な地域です。我が家は車があるので『なんとでもなる』と思いました。避難所にいる方は今日を生きること、この時間を生きることで精一杯というのが実態でした。