NEW
長谷十三「言わぬが花、をあえて言う。」

眞子さま、小室さん借金問題「介入」と「新興宗教入信」問題…揺らぐ天皇家と国民の関係

文=長谷十三
【この記事のキーワード】, ,
眞子さま、小室さん借金問題「介入」と「新興宗教入信」問題…揺らぐ天皇家と国民の関係の画像1
宮内庁のHPより

 常人には理解に苦しむトリッキーな主張と、「会話をとっさにICレコーダーで隠し録り」という裏社会の住人が使うような手口に多くの国民がドン引きした「小室文書」。だが、皇室を長く取材してきたジャーナリストやメディアの間では、新事実が何もない「言い訳文書」などより、ある前代未聞の事態のほうが注目を集めている。小室圭さん・佳代さん親子と元婚約者の金銭トラブルに、眞子さまが自らの意志で「介入」していたのだ。

「小室文書」が発表された翌日、秋篠宮家の最側近・皇嗣職大夫は会見を催して、この文書については眞子さまと小室家側が相談した上で出されたものだと明かし、小室圭さんが主張している「名誉を守るために金を返さない」という方針も、「眞子さまのご意向が大きかった」と述べている。これを耳にした元婚約者が、どれほどの恐怖とプレッシャーを受けたのかは容易に想像できよう。

 戦後の象徴天皇制になってから、天皇をはじめ皇室の方々は、国民間の政治闘争や紛争に関与することを避け、中立の立場を守ってきた。国民のシンボルなのでもう絶対権力者ではないと頭ではわかっていても、日本人ならば天皇や皇室の「ご意向」に逆らうなど畏れ多くてなかなかできない。つまり、天皇・皇室が関わってしまうと、民間トラブルをフェアに解決することが難しくなってしまうのだ。

 そんな天皇・皇室の不文律が、今回あっさりと破られてしまっていたのだ。皇室という立場の方が一民間人をここまで精神的、経済的に追いつめるという「異常事態」が起きた今、我々国民はかねてから一部で指摘されていたあの不安にも向き合わなければいけない。

 それは、眞子さまの「新興宗教への入信」である。

大山ねずの命神示教会

「週刊新潮」(新潮社/2019年9月19日号)記事『小室圭さん母が信仰の新興宗教信者「“脱会したら罰が当たるぞ”と脅されてきた人生」』など、かねてから一部で報じられているように、今回の金銭トラブルの「主役」である小室圭さんの母・佳代さんは、「大山ねずの命神示教会」の信者だといわれている。圭さんが信者かどうかは定かではないが、一般論として創価学会などの新興宗教も、親の影響で入信される方は多い。

 事実、「大山ねずの命神示教会」のホームページ内の「部門・職員紹介」で信者の皆さんのお話を見てみると、「祖父母、両親のおかげで、生まれた時から神を感じて育つ」など、親の影響で入信されたということを語っている方も少なくないのだ。

 では、そんな「大山ねずの命神示教会」とは一体どんな宗教なのか。

 戦後間もない1948年、神奈川県横浜市内で銭湯を営んでいた男性の元にある夜、ピンクの服をまとった女性が現れ、「大衆を救え」とお告げをした。この女性こそ、信者の皆さんが信仰している絶対神「大山ねずの命」である。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合