ミスドの「エンゼルクリーム」がアイスバーに!意外なお菓子とコラボしたアイスが続々登場の画像1
コラボレーションアイス

 今、アイス界がコラボレーションで活況だ。見慣れたお菓子や飲料などがアイスとして楽しめる商品が多数、登場している。ヒット商品の知名度を活用し、そのファンを取り込む作戦だろうが、そもそもアイスでお菓子や飲料の再現が可能なのだろうか。見掛け倒しの商品もあるのではないかと考え、いくつか食べ比べてみることにした。

ミスタードーナツアイスバー(森永製菓/150円、税別・以下同)

ミスドの「エンゼルクリーム」がアイスバーに!意外なお菓子とコラボしたアイスが続々登場の画像2

 真っ先に目に入ったのは「ミスタードーナツアイスバー」。お菓子でも飲料でもなく、まさかのミスタードーナツとコラボしたアイスである。ミスドがアイスになるのは史上初だという(https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2020/11/2020-1113-1702-14.html)。

 今回アイスとして再現されたのは、ミスドの「エンゼルクリーム」。ふわふわの生地の中にホイップクリームがたっぷり入った、お馴染みのドーナツである。だが、想像とは違い、意外にもアイスはバータイプになっている。

 表は生地部分のイメージなのか、卵色にコーティングされたチョコで、クランチが散りばめられている。クランチはラングドシャでできているという。食べてみると驚くのが、チョコの分厚さだ。ザクザクとした食感が心地良い。

 中のアイスは雪のように純白。バニラアイスではなく、エンゼルクリームの中に入っている白いホイップクリームを想起させる。アイス部分は軽い味わいのため、外側のチョコとクランチの余韻が続く。美味しいのは間違いないが、これは「ドーナツか?」と言われると疑問が残る。

「やはりドーナツはあのふわふわの生地ありきで、味ではなく食感でしょ……」と思いながらアイスを飲み込んだその時――、「わっ!」喉から返ってくる余韻がエンゼルフレンチ。後味が完全にドーナツのそれだ。それにもかかわらず、ドーナツ特有の油っぽさや重たさはなし。揚げていないから当然だ。ドーナツは、口元の美味しさを優先して、つい何個も食べてしまうが、あとで胃もたれしたり、後味がスッキリしないことが多々ある。美味しいがゆえの”要注意スイーツ”のひとつである。

 しかしながらこのアイスは、ドーナツを食べた満足感のみを提供し、後味はスッキリ。あとあと響かないところが、かなり高ポイントである。エンゼルフレンチっぽさを最大限に表現するならば、シューアイスやサンドアイスの形状にしたほうがいいのかもしれない。だが、”完全再現”ではなく”余韻再現”であるところが、ドーナツの長所のみを踏襲しているように感じる。

 長所を与え合う――。これは良いコラボレーションだ。このテイストで、「オールドファッション」や「ゴールデンチョコレート」味も食べてみたいものである。ミスドコラボアイスを食べたことで、久々にミスドも食べたくなるほど、良いコラボだった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合