赤木ファイル:カギ握る赤木氏の上司・池田元統括官の証言…改竄指示した職員は栄転の画像1
赤木俊夫さん(遺族提供)

 国(財務省)はどこまで“海苔弁当”にせずに出してくるのか――。

 2016年6月、学校法人森友学園に大阪府豊中市の国有地が常識外れの安価で売却。その売買交渉を記録した公文書を改竄させられたことを苦に18年3月に自殺した財務省近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(当時54)が改竄経緯を残したメモ(赤木ファイル)について、存否の回答すら拒んできた財務省は態度を一変させた。5月6日に大阪地裁に出した意見書で「存在する」と回答、次回口頭弁論の6月23日までに同地裁に提出するとした。

「赤木ファイル」には改竄過程を時系列で記録した文面や、財務省本省と近畿財務局のメールのやり取りなどが記録され、同学園の小学校建設のための国有地売却で大幅値引きがなされた経緯について、公文書にあった安倍晋三首相(当時)の妻、昭恵氏(開校予定だった小学校の名誉校長)の名が削られた経緯などが詳細に書かれている。改竄は、国会で安倍首相が「私や妻がかかわっていたということになれば首相も議員もやめる」と啖呵を切った直後だった。

 赤木さんの妻・雅子さん(50)は財務省と佐川宣寿・元理財局長に合計1億1200万円の損害賠償を求めており、ファイルは生前の赤木さんが精神的に苦しんだことを裏付ける証拠になるのだ。

 6日、雅子さんは関西テレビの取材に「夫に改ざんを促した人の名前はちゃんと出してほしい。国には夫の残したものを真摯に出していただいて、夫がなぜ死ななければいけなかったのか、改竄をしなければいけなかったのか、それを明らかにできるように進むだけです」などと話したが、記者会見には現れなかった。

 大阪市内で会見した原告代理人の生越照幸弁護士は「8割がた『ありましたけど捨てました』などと言ってくるかと思っていたので、少し拍子抜けした」と評価するが、「どこかに眠っていたなどということはあり得ない」とみる。

赤木ファイル:カギ握る赤木氏の上司・池田元統括官の証言…改竄指示した職員は栄転の画像2
大阪市内で会見する生越照幸弁護士(右)と松丸正弁護士

財務省の「二枚舌」

 財務省はこれまで、裁判では「裁判の争いに関係がない」、国会では「裁判に影響する」と「二枚舌」でメモの存否の回答を拒否していた。存在を認めた背景には、雅子さんが2月に文書の提出命令を大阪地裁に申し立て、裁判長が3月の協議で「赤木ファイルがあるなら任意の提出を検討してほしい」と指示していたことがある。仮に裁判長の「文書提出命令」になれば強制を伴う。拒否すれば命令になる可能性もある上、裁判所の心証も悪くなるので国側はそれを避けたかった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合