ALS嘱託殺人被告:京都府警、10年前の「遺体なき父親殺人」立証へ高いハードルの画像1
捜査本部が置かれている京都府警中京署

 事実なら仰天である。恐るべき「悪魔の殺人医師」としか言いようがない。

 京都府警は5月12日、2019年11月に京都市中京区のマンションに住む筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性(当時51)の依頼を受けて薬物を投与して中毒死させたとして、昨年8月に嘱託殺人罪で京都地検から起訴されている大久保愉一被告(43)、山本直樹被告(43)を、10年前の別の殺人容疑で再逮捕した。さらに山本被告の母親で長野県軽井沢町に住む無職・淳子容疑者(76)を同容疑で逮捕した。

 調べでは11年3月5日、3人は共謀して淳子容疑者の夫、つまり山本容疑者の父親、靖さん(当時77)を長野県内の病院から東京都中央区のアパートに連れ出して、その日のうちに薬物投与などの方法で殺害したとみている。京都府警捜査一課は3人の認否は明かしていない。

父親の診断書を偽造、司法解剖もなし

 2人の医師は死亡診断書を偽造し、死亡届は淳子容疑者の名で中央区役所に提出している。当時、事件性はまったく疑われなかったため、靖さんの遺体は司法解剖なども行われずに火葬されてしまった。診断書には2人の共通の知人の医師の名があったが、その医師は「まったく覚えがない」と話し、書かれていた勤務先の診療所も架空だったという。

 捜査本部が昨年、京都の事件で大久保容疑者と山本容疑者のパソコンの通信記録を調べていたところ、靖さんが死亡した前後に殺害をほのめかすやり取りが見つかった。さらにその一部は淳子容疑者にも送られていた。靖さんが入院していた長野県の病院の主治医に問い合わせたところ、当時の靖さんはすぐに容体が急変するような状態ではなかったと回答したという。

 山本容疑者は「都内の病院に転院させる」と言って父親の靖さんを退院させたが、「転院先」とされた東京都中央区の病院に問い合わせても、入院の手続きなどもなかった。捜査本部はその後、任意で淳子容疑者から聴取していたが、殺害計画を知っていたようなことを供述したという。

 さらに、靖さんが死亡する5日前に、山本容疑者が中央区のアパートを約1カ月の短期契約で借りていたことがわかった。捜査本部はここで靖さんを殺害し、遺体を安置、処理したとみている。

 山本容疑者は関西出身、東京医科歯科大学を中退して海外留学をしたあと、都内で泌尿器科クリニックを開設していた。しかし父親の靖さんが死亡した頃はまだ前年に医師免許を取ったばかりだった。長野県の病院の主治医が靖さんに「胃ろう」を施そうとした際、「なんで長生きさせるのか」と反発したという。

 大久保容疑者は青森県の弘前大医学部を卒業して医師免許を取得。技官として厚生労働省の老健局で7年半ほど勤めて退職、呼吸器内科医として東北地方の複数の医療機関に在籍した後、宮城県名取市にクリニックを開業している。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合