長期間の放置でがん化の恐れもある痔ろうとは?「痔は温めるといい」は本当か?の画像1
「gettyimages」より

 日本人の3人に1人が「痔」に悩んでいるといわれている。もはや国民病といってもいい痔には、大きく分けて「痔核(いぼ痔)」「裂肛(切れ痔)」「痔ろう(あな痔)」の3種類があり、それぞれ症状が異なる。なかでも、疲れやストレスによる下痢が原因といわれる痔ろうは、長期間放置すると“がん化”する可能性もあるという、恐ろしい疾患だ。痔ろうについて、岩垂純一診療所所長の岩垂純一医師に話を聞いた。

飲酒やストレスが原因に

「あな痔」とも呼ばれている、痔ろう。症状としては、肛門の周りに“膿のトンネル”ができてしまう病だという。

「肛門内にある肛門小窩という器官に細菌が入って炎症を起こすと、化膿して膿がたまります。この膿がたまった状態が『肛門膿瘍(のうよう)』です。たまった膿が自然と破け、皮膚を切開し出口をつくって膿を排出した後、肛門と交通する膿のトンネルが生じた病気を『痔ろう』と呼びます」(岩垂氏)

 ごくまれにトンネルの出口がないケースもあるが、多くがお尻の肛門付近の皮ふに「二次口」と呼ばれる出口を形成する。痔ろうは段階を踏んで進行するという。

「まず、痔ろうの前段階にあたる『肛門周囲膿瘍』を発症すると、38~39℃の発熱や患部の激しい痛み、腫れなどの症状がみられます。その後、溜まった膿が排出して痔ろうになると、膿が外に出るので激痛はやわらぎます。しかし、膿で下着が汚れたり、お尻がベタついたりします」(同)

 最大の問題は、一度貫通した膿のトンネルは括約筋の内部に残るため、膿の出口がふさがっても入り口が肛門の中にあるために、入り口から細菌が入り感染すると、再び膿が出てくること。よって、一度発症すると、自然治癒することはまれだという。

「痔ろうの感染を繰り返して10年以上放置すると、“がん化”する恐れがあります。いぼ痔や切れ痔は手術をせずに済むケースもありますが、がんになる可能性がある痔ろうは手術や入院による根治治療をする必要がありますね」(同)

 たかが痔とあなどっていると、取り返しのつかないことになりかねない。特に「下痢をしやすい人は注意が必要」と岩垂氏は指摘する。

「アルコールの飲み過ぎによる下痢やストレス性の下痢などが、痔ろうの主な原因です。下痢便はやわらかいので肛門の中にあるくぼみ(肛門小窩)に入り込みやすく、そのくぼみにある肛門腺が細菌に感染すると、炎症を起こして化膿します。また、ストレスは免疫力を低下させるので、細菌に感染しやすい状態を招きます」(同)

 飲酒やストレスなど、痔ろうの原因は働くサラリーマンとかかわりが深いものばかり。そのため、青年期から中年期の男性患者が多いのも特徴だという。

「痔は温めるといい」は本当か?

 痔ろうのなかでも6割を占めるのが「低位筋間痔ろう」だ。これは、瘻管(ろうかん)が下に向かって伸び、お尻の皮ふに膿の出口をつくるのが症状である。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合