NEW
「偉人たちの診察室」第14回・孝明天皇

精神科医が語る“孝明天皇・毒殺説”…天然痘による病死?実際は岩倉具視がヒ素を盛った?

文=岩波 明/精神科医
【この記事のキーワード】

, , , ,

【確認中】精神科医が語る“孝明天皇・毒殺説”…天然痘による病死?実際は岩倉具視がヒ素を盛った?の画像1
日本の第121代天皇・孝明天皇。仁孝天皇の第4皇子で、明治天皇の父親。幕末の混乱期を生きた孝明天皇は徹底的な攘夷派で、開国は“神国”を汚すものとして、開国派の進言に耳を貸そうとしなかった。(画像はWikipediaより)

 幕末の重要な登場人物であるにもかかわらず、孝明天皇の知名度はあまり高くはないようである。

『歴代天皇総覧』(笠原英彦、中公新書)などによれば、孝明天皇は第121代の天皇で、1831(天保2)年7月22日に生まれ、1867(慶応2)年1月30日に死去している。孝明天皇は先代の仁孝天皇の第4皇子で、明治天皇の父親である。1846(弘化3)年2月、仁孝天皇の崩御を受けて即位をし、亡くなったときは、まだ30代の若さであった。

 孝明天皇は学問好きで、即位の翌年には先代の遺志である学習所を完成させた。ここには、次第に攘夷派のリーダーが集まるようになった。

 孝明天皇の生きた時代は、幕末の混乱期である。それまでは政治の蚊帳の外に置かれていた朝廷が、にわかに政治の中心として登場した。江戸幕府は時代の大きな変化に対応することができず、これに代わる政治の中心的な存在として朝廷が脚光を浴びるようになったのだった。けれども朝廷にも天皇にも、その自覚は十分ではなかった。

 1853(嘉永6)年7月、黒船を引き連れたペリーが浦賀に来航し、翌年には日米和親条約が締結された。1854(嘉永7)年には、内裏の炎上、大地震(後に「安政の大地震」を呼ばれた)と大事件が続発し、1855年1月(嘉永7年11月)に元号を安政と改元している。

 さらに米国との間に日米修好通商条約が締結されたが、攘夷か開国か、国論は二分されて激しい抗争が続いた。幕府も朝廷も、個々の諸藩においても激論が繰り返され、武力闘争にも至っている。海外との関係以外にも、尊王討幕か佐幕かと議論は入り乱れ、テロ事件も横行した。

 孝明天皇は徹底的な攘夷派で、開国は“神国”を汚すものとして、開国派の進言に耳を貸そうとしなかった。幕府が締結した日米修好通商条約にも大変な怒りを示し、即時鎖国に戻すことを強く主張して、戦争も辞さないとまで言い切った。

 この間にも時代は動き、幕府の大老に就任した井伊直弼が1858(安政5)年に反対派の志士らを大量に処刑した「安政の大獄」が勃発する。しかしその後は、井伊直弼自身が暗殺者の刃に倒れてしまう(1860[安政7]年、桜田門外の変)。

 またこの時期、朝廷の伝統的権威と幕府を結びつけて幕藩体制の再編強化をはかろうとする公武合体運動がさかんとなり、孝明天皇もこれを推し進めた。天皇には討幕の考えはまったくなく、幕府と一体になり、鎖国をすることを望んでいた。

 こうした流れのなかで、孝明天皇の妹・和宮と将軍家茂の結婚が推し進められ、1862年に婚姻が成立した。和宮には婚約者があったため、当初反対していた孝明天皇は、鎖国と攘夷実行の条件を付けて了承した。

 1865(慶応元)年、攘夷運動の最大の大もとは孝明天皇の意志にあると見た諸外国は、艦隊を大坂湾に入れて条約の勅許を天皇に要求し、天皇も条約の勅許を出すことになった。一方で、この年に西洋医学の禁止を命じるなど、保守的な姿勢は崩さなかった。

 この攘夷と開国で揺れる世情のなか、孝明天皇は突然死去する。天皇が健在であったならば、時代が討幕に大きく動くことはなく、天皇と将軍慶喜が手を結び、徳川幕府が形を変えて存続していたかもしれない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合