NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

【大阪カラオケパブ刺殺】ストーカーの4類型、ストーカー殺人犯の5つの性格傾向

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

【大阪カラオケパブ刺殺】ストーカーの4類型、ストーカー殺人犯の5つの性格傾向の画像1
稲田真優子さんが経営していたカラオケパブのInstagramより

 大阪のJR天満駅近くでカラオケパブを経営していた25歳の稲田真優子さんが刺殺された事件で、大阪府警は6月18日、同店の常連客だった56歳の会社員、宮本浩志容疑者を殺人の疑いで逮捕した。

 宮本容疑者は、稲田さんが別のカラオケパブで働いていた4年前頃から稲田さんがいる日だけ店に通うようになったという。しかも、昨年7月に稲田さんが前の店を辞めて今年1月に自分の店を開店すると、宮本容疑者はほぼ毎日訪れていたようだ。

 稲田さんが前のカラオケパブで働いていたとき、宮本容疑者にしつこくされて、「もう来ないでください」と強く通告したこともあったほどだが、それでも宮本容疑者は連日店に通っていたと報じられている(「文春オンライン」6月19日配信 記事より)。そのため、稲田さんは「連絡がしつこい」「何十件も(通信アプリの)LINEで電話やメッセージがくる」などと周囲に漏らしていたとの報道もある。

 一連の報道が事実なら、宮本容疑者はストーカーまがいのしつこい客だった可能性もある。宮本容疑者は容疑を否認しており、今後の捜査の進展を待たねばならないが、もし彼の犯行とすれば、ストーカーが暴走して凶行に及んだ“ストーカー殺人”とも考えられる。

 そこで、今回はストーカーの定義、分類、性格傾向などについて解説したい。

ストーカーの定義と分類

 ストーカーとは、一方的に相手に好意を寄せ、相手もまた自分に恋愛感情や関心を抱いている、もしくは将来抱くであろうという幻想からつきまとう人物である。

 精神医学的には、次の要件を満たす場合、ストーカー行為と認定される。

1)   特定の個人に対して直接的、継続的になされる

2)   ターゲットから望ましくない介入とみなされる

3)   ターゲットに恐怖や不安を与える

 宮本容疑者の一連の行動は、この3つの要件を満たしており、ストーカー行為に該当する。

 また、誰をターゲットにするかによって、ストーカーは4つのタイプに分類される。

A)   破局愛型

B)   接客業型

C)   有名人型

D)   無関係型

 A)破局愛型は、かつて恋愛もしくは婚姻関係にあったが、その関係が失恋や離婚などによって破綻した後も、それを受け入れられず、執拗に追い回すタイプである。その典型が、

 2013年10月、東京都三鷹市で女子高生を殺害した日本人とフィリピン人のハーフの20代の男だろう。

 大阪市内に住んでいた男と三鷹市在住の女子高生は、2011年にSNSを通じて知り合い、一時は交際していたが、女子高生側が別れを切り出し、いったん交際は終わった。しかし、男のほうは受け入れられなかったようで、しつこく復縁を迫ったものの、かなわなかった。そのため、女子高生の殺害を考えるようになり、上京して凶器となるナイフを購入し、女子高生の自宅に侵入して待ち伏せたうえ、11カ所の刺し傷・切り傷を負わせて殺害した。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合