NEW

総費用2兆円超から膨張…東京五輪、追加費用発生で巨額赤字か…国民・都民の税金で“補填”か

文=編集部
東京五輪、追加費用発生で巨額赤字か…国民・都民の税金で補填&穴埋めかの画像1
講演する宮坂学・東京都副知事(東京都・東京メディアセンター提供)

「デジタルテクノロジーで、スマート東京を実現する、グリーンファイナンスも総動員してゼロエミッションなまちをつくる。この2つは我々にとって“ムーンショット”であると考えています」

「人口1400万人を抱えるこの巨大都市東京をですね、一切止めることなく、グリーン、そしてデジタルに作り変えているということはですね、極めて野心的で困難な目標だと思います」

 東京都の宮坂学副知事は2日、東京オリンピック(五輪)の都プレスセンター「東京メディアセンター(TMC)」のブリーフィングで、”五輪後の東京のあり方”について、そう熱く語った。“ムーンショット”とは、米ケネディ大統領が提唱した月への有人飛行計画「アポロ計画」のことであり、現在では投機性の高い野心的な計画を指す言葉でもある。

 この日のブリーフィングのテーマは「Sustainable Transformation in Tokyo」。宮坂副知事は都が構想中の東京湾臨海地区の大規模開発計画「東京ベイeSGプロジェクト」と行政サービスを含めた情報通信技術(ICT)振興プロジェクト「TOKYO Data Highway」を解説し、それらの構想を支えるグリーンファイナンスへの協力を世界に呼び掛けたのだった。

 宮坂副知事の講演内容を都議会都民ファーストの会関係者に伝えたところ、次のように話した。

「宮坂さんの夢のあるお話に水を差すようで恐縮ですが、秋の議会は間違いなく荒れると思います。五輪の追加費用の都の負担額が桁違いで、それこそ“ムーンショット”級ですから……。財政上、かなり厳しい情勢になることが見込まれていますし、宮坂さんの計画が当初通り遂行されるか、東京に構想にあるような輝かしい未来があるかは、かなり微妙な時期に差し掛かっていると思います」

東京五輪の“総費用4兆円”の衝撃

 宮坂副知事が“ムーンショット”に関して熱く語ったこの日、マネーポストWEB(小学館)の記事『東京五輪の総費用は4兆円に 莫大な赤字のツケは国民や都民が払うことに』が発端となり、「赤字のツケ」が同日午前Twitter上でトレンド入りしていた。

 五輪開催に伴う財政負担に関しては、国と東京都の間でせめぎあいが続いているが、同記事では次のように”赤字五輪のツケ”を明らかにした。

「東京都と国の『大会経費』と『関連経費』の合計額は、都が1兆4519億円、国が1兆3059億円になる。この金額は都と国の一般会計から支出されており、財源はいずれも税金だ。

 それだけではない。五輪閉幕後には国民と都民がさらに追加負担を求められる可能性が高い。その原因は、『無観客開催』による組織委員会の赤字だ」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合