NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

家も親権も取られ、養育費も全額負担…離婚で妻にすべて取られる寸前で回避した夫

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】, ,
家も親権も取られ、養育費も全額負担…離婚で妻にすべて取られる寸前で回避した夫の画像1
「Getty Images」より

 Z世代のXさんは、童顔でまだ大学生のようにも見える。離婚の手続きや総合的なアドバイスがほしいとのことで、筆者が代表理事を務める一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会に相談に来られた。うなだれ、覇気をまったく感じないXさんは、妻から半年前に離婚を切り出され、ようやく離婚を決意したという。

 妻とは同期入社で知り合い、交際2年で結婚した。早くに両親を亡くし、年齢の離れた姉に育てられた妻は、家庭に強い憧れを抱いていた。ほどなく妻は妊娠した。結婚以来、生活費は夫の給料から支出して、妻は1円も負担していなかった。Xさん夫婦は子供の誕生を考え、妻の姉の自宅近くに新築マンションを購入した。マンションを探したのは妻で、彼女が一目惚れした。頭金は妻が約2割、Xさんは約8割を出し合い、登記の持ち分は夫が8割、妻が2割とし、夫が勤務先から30年ローンを借りた。

 Xさんは結婚と同時期に転勤になっていた。新しい職場は、3交替で泊まりもある。緊張感が常に強いられる職場で、覚えることも膨大にあり、神経をすり減らす毎日だった。家に帰れば倒れ込むように眠る日が増え、すれ違いはあったが、関係性は変わらないとXさんは思っていた。

 出産前後は妻の姉の都合がつかないことから、Xさんの実家で妻は過ごした。初孫の誕生にXさんの両親は心から歓び、かいがいしく面倒をみてくれた。

 実は妻は妊娠中から、密かにある計画を進めていた。Xさんと妻の会社では、育児休暇は子供が3歳になる前日まで取れ、公的制度に基づいて給付金が支払われる。妻は2年間の育休の間に通信教育で、ある資格を取った。育休が明けると出社した妻は、その日のうちに退職届けを出し、同僚たちの唖然とする顔を横目に、デスクの荷物をまとめ、退職した。妻は翌日から子供を私設保育施設に預け、資格を生かした職場に転職した。

 Xさんは相変わらずの毎日が続いていた。家に帰れば、妻は子供と寝てしまっていたが、非番のときは子供と過すのが一番の幸せであり、癒やしでもあった。家族の未来に1ミリも疑うことはなかったが、次第に妻は口をきかなくなり、食事の用意もされていないことが増えだした。Xさんは妻に不満を漏らすことはなかった。

 妻への感謝の気持ちを口に出していたつもりだが、妻は「感謝がない」「子育ては大変」との怒りをぶつけてくるようになった。やがて、妻はXさんの洗濯もしてくれなくなり、入浴後、洗濯機を回すのがXさんの日課となった。

離婚の宣言

 妻から「家庭内別居をしたい」と言われたのは、2年前のことだった。自分なりに家に帰れば最大限の努力をしているつもりのXさんだが、人命救助に関係する仕事上、時間が読めないことも多々あった。妻に伝えている帰宅時間より遅れることが多分にあった。職場の苦労や大変さを分かち合えると思って結婚したはずなのにと、悩みを抱えるようになった。

 Xさんは妻の退職の仕方が社内で批判の的になった分、余計に仕事を頑張らないといけないと、より仕事に打ち込んだ。もちろん、Xさんも妻の退職に関して「辞めるにも辞め方がある」と説得したが、聞く妻ではなかった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合