NEW

解散権も人事権も剥奪されレームダック化…自民党内、菅首相“引きずり下ろし”の舞台裏

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

解散権も人事権も剥奪されレームダック化…自民党内、菅首相引きずり下ろしの舞台裏の画像1
「首相官邸 HP」より

「2A vs. 2F」

 自民党総裁選は永田町ではこう呼ばれている。2Aの1人は安倍晋三前首相。自民党の最大派閥、細田派の実質オーナーである。もう1人は麻生太郎財務相。2番目に所属議員が多い麻生派を率いている。2Aに土壇場で見放され、菅義偉首相は万策尽き、退陣に追い込まれた。

 2Fはセカンド・フロアの略で二階俊博幹事長を指す。2Aからの圧力に屈し、延命のために菅首相は“二階切り”を決断したが、総裁選出馬を表明した岸田文雄前政調会長が二階氏を念頭に置き「総裁を除く党役員の任期は1期1年、連続3期まで」との方針をぶち上げたからだ。争点つぶしのために二階切りを断行したが、党内では「延命のために、政権実現のために汗を流した恩人を切るのか」と批判された。強引な党運営などが目立ち、2Aだけでなく若手からも距離を置かれていた二階氏だが、二階外しは完全に裏目に出た。

 8月31日には「首相が総裁選を先送りして9月中旬に衆院解散に踏み切る」との情報が駆けめぐったが、いくつかの日程の選択肢の一つにすぎなかった。「菅首相が9月解散の意向を固めた」と断定的に伝わり、自民党は選挙結果は惨敗を予想されるだけに安倍前首相をはじめ党の重鎮が「ノー」を突きつけた。この段階で菅首相は解散権を封じられてしまった。

 厳しい情況を打開するための最後の切り札が、9月6日に予定していた党役員人事だった。だが、幹事長候補と目された小泉進次郎環境相は「環境相の続投」を希望し、幹事長就任を固辞した。最終局面で小泉氏は「現職首相としてボロボロになってはいけない」と首相退陣を進言した、と伝わる。

 もう1人の候補だった河野太郎ワクチン担当相に対しては、派閥の領袖、麻生太郎氏が「絶対に受けるな」と強くクギを刺した。萩生田光一文部科学相を要職に就けようとしたが、萩生田氏が所属する細田派からも「動くな」との指令が出ていた。菅首相は、解散権に続き人事権を剥奪されたように周辺には映っていた。

 来るべき衆院選を見据え、要となる選挙対策委員長に二階氏の側近、林幹雄幹事長代理を予定していたが、林氏は「絶対にやらない」と述べ、反発したとされる。二階派内に、菅首相を一貫して支えてきた二階氏を外す人事への怒りと不満が渦巻いていた証左である。

 安倍氏、麻生氏、二階氏による奇妙な三角形のバランス上に乗って政権を運営してきた菅首相は、この3人から見捨てられた。菅政権の崩壊は時間の問題だった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合