NEW

紀子さま”眞子さまの気持ち尊重”に国民から厳しい声…皇嗣家・秋篠宮家の正統性揺らぐとの懸念も

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

紀子さま”眞子さまの気持ち尊重”に国民から厳しい声…皇嗣家・秋篠宮家の正統性揺らぐとの懸念もの画像1
宮内庁のHPより

 やはり今回も詳細のご説明はなされなかった――。

 今月1日、年内にも小室圭さんと結婚すると報じられた秋篠宮家の長女・眞子さま。眞子さまは婚姻届を提出したうえで皇室を離脱し、年内にも小室さんが住む米ニューヨークに移住するとも伝えられている。

「小室家の借金トラブルが原因で婚約内定が延期されてから3年が経過したものの、報道は収まる気配はなく、何より眞子さまの結婚への強い意思も揺るがない。このまま膠着状態が延々と続くのは皇室としても宮内庁としてももはや限界というこということなのでしょう。宮内庁は年内に入って、眞子さまの結婚とニューヨーク移住に向けて地ならしを進めていたことは確かです。西村泰彦長官をはじめ宮内庁の幹部は年に数回、眞子さまと直接お言葉を交わす機会がありますが、それを通じて眞子さまの揺るがないお気持ちを受け取り、眞子さまのお幸せを考えてという面もあるでしょう」(皇室を取材する記者)

 報道が過熱するなか、11日時点で宮内庁は公式発表などは行っておらず沈黙を守り続けているが、気になるのは、どのような経緯で年内結婚という報道につながったのかという点だ。

「少なくても宮内庁の記者クラブ所属メディアは、報じないまでも宮内庁が眞子さまの結婚と移住に向けて準備を進めていたことは把握していた。ポイントはやはり今月11日に発表される眞子さまの母、紀子さまの“お誕生日文書”でしょう。例年、紀子さまはお誕生日に合わせて、メディアからの質問に文書という形式でお答えになられますが、各社からの質問は8月には宮内庁に提出されており、当然ながら眞子さまのご結婚に関する質問も含まれています。メディア各社の記者たちは独自に宮内庁や秋篠宮家の関係者などに情報ルートを持っており、紀子さまが質問にどのようにお答えになられるのかという情報が、事前にメディアに伝わり、今回の報道につながったとみられます。

 一部では『支持率浮上を狙って首相官邸がリークした』『地ならしのために宮内庁が報じさせた』という報道もありますが、特に宮内庁は公式発表前に先行報道されるのを非常に嫌がるので、ちょっと考えにくい。ただ、先ほど言ったように宮内庁的には眞子さまの年内結婚は既定路線であったことは記者クラブの記者たちは知っていたので、あとは宮内庁からの公式発表を待つのか、一定の確証を握った上でどこかのメディアが報じるのかという問題ではあったかとは思います」(同)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合