NEW

食料自給率37%の日本、輸入が途絶えた場合の「一日の食事の献立」が衝撃的

文=小倉正行/フリーライター
食料自給率37%の日本、輸入が途絶えた場合の「一日の食事の献立」が衝撃的の画像1
「Getty Images」より

 政府は2020年の食料自給率(カロリーベース)が過去最低の37%であったと公表した。食料自給率が減少した原因として、政府は「米の需要が長期的に減少していること、小麦が特に作柄が良かった前年に比べて単収が減少したこと」を挙げている。いずれにせよ、これで30年には食料自給率45%に引き上げるという政府目標の達成は困難になってきているといえる。

 日本の食料自給率の世界的な位置はどうなのか、主要先進国で見てみると、各国のデーターが揃っている18年で比べると、トップはカナダ266%で以下、オーストラリア200%、アメリカ132%、フランス125%、スペイン100%、ドイツ86%、イギリス65%、オランダ65%、スウェーデン63%、イタリア60%、スイス51%、韓国35%で、日本は韓国をやっと上回る37%と、主要先進国では最下位に次ぐ位置となっている。韓国はこれまで日本を上回っていたが、米韓FTAを締結してから自給率が急速に低下している。

 カロリーベースの食料自給率は、私たちが食事を通じて摂取するカロリーの自給率を意味している。例えば、国産牛肉や国産豚肉を食べたとしても、その牛や豚が餌としている飼料がすべて輸入飼料に依存したとすると、摂取カロリー自給率は0カロリーとなる。日本の飼料自給率は25%と飼料の4分3を輸入飼料に依存しているため、牛肉の自給率は9%、豚肉6%、鶏肉8%、鶏卵12%、牛乳・乳製品26%となる。これは、輸入飼料の輸入が途絶したら、日本の畜産酪農生産は家畜に餌を与えることができず、たとえば牛肉生産は現状の9%の水準になるということを意味している。

 政府が2003年に発表した「不測時の食料安全保障マニュアル」では、日本で食料輸入が途絶した場合、私たちの食卓がどうなるかを例示している。生きていくために必要な1日当たりの摂取カロリーは2020キロカロリーといわれているが、食料輸入が途絶した場合、そのカロリー量を供給する食事メニューは次のようになっている。

・朝食:茶碗1杯のご飯、蒸しジャガイモ2個、糠漬け1皿

・昼食:焼き芋2本、蒸しジャガイモ1個、りんご4分の1個

・夕食:茶碗1杯のご飯、焼き芋1本、焼き魚1切れ

・その他:2日に1回1杯のうどんと味噌汁、3日に1回2パックの納豆、6日に1回コップ1杯の牛乳。7日に1回1個の卵、9日に1回108グラムの食肉

 食事は、ご飯、ジャガイモ、焼き芋主体で、食肉は9日に1回、それも108グラムしか食べることができない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合